スペイン人ラッパーがスペイン王家を侮辱しテロを煽動するリリックを書いたとして有罪判決が下る

1993年生まれのスペインのマヨルカ島出身のラッパーValtonyc(本名:Jose Miguel Arenas Beltran)が、YoutubeとHH Groupで公開した 楽曲が物議を醸している。Valtonycが公開した楽曲"La TuerKa Rap"にスペインの国王とその皇族を侮辱したリリックがあり、さらにテロを煽動するものだとして、3年半の服役の判決を裁判所により下されたのだ。

Geniusによると、Valtonycは、リリックは表現の自由の元に守られると主張。しかし、最高裁はそれを却下し、問題のリリックはスペインのテログループであるETAとGRAPOを称賛するものと断言した。

Valtonycの他の楽曲である"Facism is Cured by Dying"、"They Should be Afraid 2"にも皇族を攻撃するようなリリックが含まれている。
スペイン・バルセロナ出身の政治家アダ・クラウ・バリャーヌはValtonycの件を受け、自身のツイッターにValtonycを擁護する投稿を行っている。

 

 

RELATED

フロリダの若手ラッパーProject YounginがInstagram Live中に銃撃される

先日XXXTentacionが銃撃されて殺害されたフロリダで、またしても痛ましい事件が起きてしまった。

逮捕されたラッパーが自身のリリックを根拠に通常より重い判決を下される

ストリートでのリアルな経験を歌うことはある種のラップにおいて重要な要素の一つだが、それらが行き過ぎたためにシリアスなトラブルに巻き込まれてしまうこともあるようだ。

議員に立候補した元ラッパーの過去のリリックが問題に

楽曲の中で政治的な主張を行うラッパーはコンシャスラッパーと呼ばれ、ヒップホップシーンに数多く存在している。しかし、もしもそのようなアーティストが政治家を目指して活動する場合、過去の楽曲の内容が問題になってしまうこともあるようだ。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。