スペイン人ラッパーがスペイン王家を侮辱しテロを煽動するリリックを書いたとして有罪判決が下る

MUSIC  2018.03.01  FNMNL編集部

1993年生まれのスペインのマヨルカ島出身のラッパーValtonyc(本名:Jose Miguel Arenas Beltran)が、YoutubeとHH Groupで公開した 楽曲が物議を醸している。Valtonycが公開した楽曲"La TuerKa Rap"にスペインの国王とその皇族を侮辱したリリックがあり、さらにテロを煽動するものだとして、3年半の服役の判決を裁判所により下されたのだ。

Geniusによると、Valtonycは、リリックは表現の自由の元に守られると主張。しかし、最高裁はそれを却下し、問題のリリックはスペインのテログループであるETAとGRAPOを称賛するものと断言した。

Valtonycの他の楽曲である"Facism is Cured by Dying"、"They Should be Afraid 2"にも皇族を攻撃するようなリリックが含まれている。
スペイン・バルセロナ出身の政治家アダ・クラウ・バリャーヌはValtonycの件を受け、自身のツイッターにValtonycを擁護する投稿を行っている。

 

 

MUSIC

FASHION

CULTURE