Eric B. & Rakimが「ラップは退化している」と痛烈に批判

80年代から活躍するヒップホップ史に残るデュオEric B. & Rakimが、自身の公式Twitterアカウントで、現代のラップミュージックを痛烈に批判した。

現在は削除されているツイートでEric B. & RakimのアカウントはXXLによれば、「今あなたはラップミュージックの退化の目撃者となっている。詩的なものや滑らかさの死、彼らはそう使ってしまっている。メッセージの欠落。単語やバースを通して、意味のある変化を作れないこと、しかし最も悪いのは、彼らがこの芸術的な目的を嫌っていることすら知らないことだ。これは悲劇だ」と現代のラッパーたちのリリックに、かつてヒップホップが持っていた輝きが失われていることを批判している。

Do you agree or disagree with Eric B. and Rakim?

XXLさん(@xxl)がシェアした投稿 -

さらに続いてのツイートで、Eric B. & Rakimはこの退化はヒップホップではなくラップについてのもので、「もしこの違いをわからなければ、違うものを作ることはできない」と主張している。

定期的にベテランラッパーたちから出てくる、今のラップシーンへの批判。確かに今のラップが、昔のものと比べて意味が変わってきているのは間違いないが、その変化は批判されてしまうものなのか、もしくは受け入れられるべきものなのかは意見が分かれるところだろう。

RELATED

ラップ人気が高まるロシアのプーチン大統領が「ラップを政府の管理下におくべき」と発言

ヒップホップやラップミュージックは、その国の若者の文化に大きく影響をもたらす。中には暴力・ドラッグといった悪い影響ももたらすと懸念されており、国が何らかの規制をもうけるケースが少なくない。

写真でヒップホップの歴史を辿る書籍『コンタクト・ハイ 写真でたどるヒップホップ史』が刊行

12/21(金)に書籍『コンタクト・ハイ 写真でたどるヒップホップ史』が刊行となる。この本はタイトル通り、誕生から45周年を迎えたヒップホップの歴史を作ってきた写真に焦点を当て、決定的な一枚とアウトテイクを掲載しているもの。

銀座のストリートフェスティバル『GL』が今年も開催

銀座の街に点在する個性的なバーやレストランで、HIPHOPからJAZZ、REGGAE、HOUSE、ROCKそして歌謡曲まで、豪華出演者たちの最高のパフォーマンス堪能できるフェスティバル「GL」が11月17日(土)に開催する。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。