Gucci ManeがフリーになったLil Pumpを自身のレーベルと契約させたいとオファー | 「契約金は言い値で」

先週メジャーレーベルのWarnerとの契約を破棄し、フリーの立場を選択したLil Pumpには、多くのレーベルから高額な契約金のオファーが相次いでいると報じられているが、こんなラッパーからも契約オファーが舞い込んでいる。

Look at my neck shynee ?

Lil Pump Jetskiさん(@lilpump)がシェアした投稿 -

pump-gucci

Lil PumpがInstagramにポストしたこの投稿。Pumpは「Lil PumpはLil Pump自身と契約している」と自分自身と契約をしているとコメントを残しているが、それに対し自身のレーベル1017 Reordsを運営するGucci Mane(@laflare1017)が「1017に来い、契約金は言い値で」とオファーをおこなっている。

これまでもChief Keef、Young ThugやYoung Scooterなどと契約をしてきたGucci Maneの1017 Recordsだが、Pumpを獲得するのはさすがに難しそう?

RELATED

CoachellaのオーガナイザーがラインナップにあるGucci GangはGucci Maneの間違いではないと主張

先日、発表された今年のCoachellaのラインナップ。ヘッドライナーのChildish Gambino、Tame Impala、Ariana Grandeをはじめ、そうそうたる名前が連なっており、今から非常に開催が楽しみだが、リストにある名前の1つがちょっとした話題になっているようだ。

Lil Pumpが新曲の歌詞でのアジア人差別を謝罪

新曲“Butterfly Doors”の一節にアジア人を差別するようなラインがあるとして、物議を醸していたLil Pump。これを受け、Miyachiがリアクションを行い、中国のラッパー達が続々とディス曲を発表したのは記憶に新しい。

Lil Pumpによるアジア人差別発言を受けて中国のラッパーが続々とディス曲を発表

先日Lil PumpがTwitter上でプレビューした新曲“Butterfly Doors”にアジア人を差別するようなリリックと「Ching Chong」というアドリブが含まれていることが問題となっている。日系アメリカ人ラッパーのMiyachiがこの件に対してリアクションを行なったことも取り上げたが、中国からはラッパーたちによってLil Pumpのディス曲が続々と発表されている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。