人種差別的な広告写真を掲載したH&Mに対する抗議の波は更に広がり、問題の写真をアレンジしたアートワークも多数制作される

H&Mが人種差別的な広告写真を自身のオンラインサイトに掲載した問題に対しての抗議の波はさらに広がりをみせている。

すでに伝えているとおり、以前H&MとのコラボアイテムをリリースしたことのあるThe Weekndは今後一切H&Mとは仕事をしないと発表していたが、その動きに同調するかのようにラッパーのG-Eazyは3月にH&Mとのコラボアイテムを発表する予定だったが、そのコラボをキャンセルし、H&Mとの関係を絶つとTwitterに投稿した。

さらにNBAのスーパースターのLebron JamesやDiddyなどがH&Mに対する抗議を行っている。

常にシンプルな行動を行なうYGはTwitterに"Fxxk H&M"と今回もらしいツイート。

また今回の抗議に際して問題となった写真をアレンジしたアートワークが多く用いられている。こちらは少年が王冠をかぶり、問題となった文面にも王冠のグラフィックが。またH&MのロゴはShame=恥とアレンジされている。

こちらは文面が"Coolest King In The World"に差し替えられており、頭上にはまたも王冠が輝いている。

The coolest KING ? in the world #kingod #blackkings #akomicsart #artlife

Kervin Andreさん(@akomicsart)がシェアした投稿 -

こちらも同様に力強い反差別のグラフィックに仕上がっている。

I created this based off of @mrchrisclassic correction of @hm Error. A great role model and man I look up to wrote this message @mrchrisclassic : “I made this because I dont wanna see this young Kings face anymore with the shirt he was hired to wear by H&M. I'm almost certain the Persson Family and their $31 Billion wont care in Sweden but... this lil guy will see his pics and the mockery one day because the internet doesnt erase... so I just hope he gets to see this one or any like it that celebrate him.” . Tarajosu: I also want to say I don’t wear H&M or Zara or any of those types of brands. I wear offbrands and I don’t own more clothes than I can fit in my carry on luggage. I buy pieces that last or I make them last. Someone at H&M knew this would create controversy. So many issues to tackle. Don’t support brands that don’t support you. It’s simple. . #Mysavoirfaire #king #empowerment

??TARAJOSU??さん(@tarajosu)がシェアした投稿 -

一夜にして差別的なグラフィックをアレンジして、反差別のシンボルに作り替えるアートワークが作られていったのは現代らしいスピード感といえるのではないだろうか。

RELATED

H&Mが正式にグラフィティ・アーティストに対する訴訟を取り下げるもアーティスト側が逆にH&Mへの訴訟を検討中

先週大きな話題となったH&Mが、グラフィティアーティストなどのストリートアート作品は、著作権法の適用外だと訴えた裁判。

H&Mがストリートアートは著作権法の運用外と訴えた裁判を取り下げると発表

昨日H&MがグラフィティアーティストのREVOKを相手取り、グラフィティやストリートアートなど、公の場所などに無許可で制作された作品は著作権法の適用外だとNYの連邦裁判所に訴訟を起こした一件を伝えた。

H&Mが無許可のストリートアートやグラフィティは著作権法の適用外であり企業やブランドは自由に使用可能と訴訟をおこす

先日ニューヨークのグラフィティ・アーティスト21人が、グラフィティの聖地であるクイーンズ区ロングアイランドシティの倉庫ビル(通称5Pointz)の壁画の取り壊しに関する裁判に勝訴したことを、FNMNLでも伝えた。

MOST POPULAR

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。