H&Mのオンラインサイトに人種差別的な写真がアップされ大きな批判を浴びる | かつてコラボをしたThe Weekndも絶縁すると発表

H&MがUKのオンラインストアにアップしていた、ある1枚の写真が人種差別的なものだとして大きな批判を浴びている。

アフリカンアメリカンの子供が"Coolest Monkey In The Jungle"とプリントされたパーカーを着ているのが批判を浴びている写真だ。ではなぜこの写真が人種差別的であるかというと、以下の投稿がわかりやすい。

@DivinelyTyは「黒人は白人に猿と比較されることで人間性を剥奪されてきた痛ましい歴史がある」と述べ、今回H&Mは黒人の子供をモデルにして、"Coolest Monkey In The Jungle"とプリントされたパーカーを着せることで、それを再現してしまったのだ。@DivinelyTyは無自覚に再現してしまったと思われるH&Mに対し、「うかつなことをした」と厳しく指摘している。

Twitter上にはこの広告写真に対し、「おぞましい」といった批判が多く投稿されている。

そんな中でこれまでにH&MとのコラボアイテムもリリースしたことがあるThe WeekndもH&Mに対し絶縁を叩きつける投稿をアップした。

The Weekndは「朝起きて、この写真を見てショックと共に恥ずかしいと感じている。僕はひどく腹が立っており、今後一切H&Mとは仕事をしないだろう」とThe Weekndは文章を締めくくっている。

これらの一連の批判に対しH&MはPitchfolkの取材に対し、声明文を発表。今回の差別的な写真に対し、謝罪をし写真の取り下げとアイテムの販売中止も行なうとし、なぜこのような事態が起こってしまったのかを調査し、再発防止策を講じるとしている

related

TOGA ARCHIVES × H&Mコラボが9月に発売

TOGA ARCHIVES × H&Mのコラボレーションアイテムが、9月2日(木)から限定店舗および全世界のH&M公式オンラインストアで発売となる。

The WeekndやTeyana Taylor、故Pop Smokeのレーベルオーナーが2021年グラミー賞のノミネーションを批判

今週、毎年の恒例行事であるグラミー賞の候補作がいよいよ発表となった。主要4部門の最優秀レコード賞にはBeyonceの“Black Parade”やDaBabyとRoddy Ricchの“ROCKSTAR”、Doja Catの“Say So”などがノミネートされ、また最優秀アルバム賞にはJhene Aikoの『Chilombo』、Post Maloneの『Hollywood’s Bleeding』、Taylor Swiftの『Folklore』などがノミネート。また、最優秀楽曲賞の候補作としてRoddy Ricchの“The Box”やH.E.R.の“I Can’t Breathe”などが挙がり、最優秀新人アーティスト賞の候補としてMegan Thee Stallion、Doja Cat、KAYTRANADA、D Smokeらが名を連ねている。そんな中、複数のアーティストが賞の在り方に疑問を呈し、話題を呼んでいる。

The Weekndが自身の楽曲の女性蔑視的なリリックについて「自分ではなくキャラクターが歌っていること」と説明

今年リリースの新作『After Hours』がパンデミック下のサウンドトラックとして高く評価されたThe Weeknd。そんな彼が、自身のリリックの一部が女性蔑視的であるとの指摘を受け説明を行なっている。

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。