The Weekndが自身の楽曲の女性蔑視的なリリックについて「自分ではなくキャラクターが歌っていること」と説明

今年リリースの新作『After Hours』がパンデミック下のサウンドトラックとして高く評価されたThe Weeknd。そんな彼が、自身のリリックの一部が女性蔑視的であるとの指摘を受け説明を行なっている。

Geniusによると、Esquireのリモートインタビューに応えたThe Weekndは、自身の2015年の楽曲“The Hills”に含まれる「I just fucked two bitches ‘fore I saw you/And you gon’ have to do it at my tempo(君と会う前に二人のビッチをファックした/僕のテンポでやってくれよ)」というリリックについて尋ねられ、「間違いなくキャラクターだ。激しい、大胆なものについては聞いて欲しい。僕が歌っていて、僕が書いたものだからトリッキーなんだけどね。聴いている人にある種の感情を抱いて欲しかったんだ。怒りや、悲しみを感じて欲しい。誰かを攻撃する意図は無いんだよ」と、自分自身の思想や実際の感情から来るものではなく、あくまでキャラクターの感情を描写するために先述のようなリリックを書いたと明かしている。

続けて彼はリリックを書く際の手法として複数の人物、複数の視点から物事を語ると説明しており、「僕が曲を書いていても、時々、それが自分の頭の中にあるものじゃない時があるんだ。誰かのために曲を書いているのに、結局それを自分で歌うことになる。女性アーティストのためにアルバム全体を作ってみたい。僕にはThe Weekndの全てのビジョンが見えてる。でもそれは、僕が他のアーティストのために曲を書きたいと思うのと同じ理由なのかな?」と語っている。要するに彼はThe Weekndというペルソナを、あたかも別人である他のアーティストと同じように捉えており、他人のために楽曲を提供するような感覚で自身の制作を行なっているということだろう。

またインタビューの後半では、「自身を定義する楽曲」を尋ねられた彼が”What You Need“、“Wunderlust”、Ariana Grandeとの“Love Me Harder”、“Often”、“Earned It”、そして“Starboy”を挙げている。

もちろんある種のアーティストが歌うリリックの全てがその人自身の感情を体現したものであるとは限らないが、場合によってはリスナーをぎょっとさせてしまうこともあるようだ。しかし、The Weekndの詩作のアプローチを知ることが出来るという点でファンにとっては興味深いインタビューとなっている。

EsquireのThe Weekndインタビューの全文はこちらから。

related

Tyler, The CreatorやA$AP Rockyがデモへの支持を表明|DrakeやThe Weekndは大規模の寄付を行う

先日のジョージ・フロイドさんが警察によって窒息死させられた事件に端を発する、人種差別への大規模な抗議活動。

The Weekndが自身のデビューミックステープ『House of Balloons』がR&Bシーンに与えた影響を振り返る

先日は待望のニューアルバム『After Hours』をリリースしたThe Weeknd。そんな彼が、自身のでビューミックステープ『House of Balloons』を発表した際のことを振り返っている。

The WeekndのレーベルXOとA BATHING APE(R)のコラボ第三弾が発売

The Weekndが主宰するレーベルXOと、A BATHING APE(R)の第三弾となるコラボレーションが発売決定。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。