インディペンデントファッションマガジン『STUDY8』が発売 | flotsam booksでの先行販売イベントも

インディペンデントファッションマガジンの『STUDY』の最新号『STUDY8』が発売となる。

『STUDY』は6月にリモート形式で制作された『STUDY7.3』をPDFの形で発表。今回の最新号は、『STUDY7.3』にいくつかのコンテンツを加えた内容となる。

カバーを飾るのは7月にニューアルバム 『anima』をリリースしたミュージシャンのDAOKOを写真家の伊丹豪が撮り下ろしたもの。また、「両 A 面」仕様となった裏表紙には、映画『マイヤーウィッツ家の人々』からインスパイアされたファッションストーリーの写真を起用。こちらは、フォトグラファーに信岡麻美、モデルに俳優の松嵜翔平を迎えている。

本誌には、直接的に「コロナ禍」に触れたコンテンツは収録されていないが、撮影と取材はできるだけ身内もしくは少人数で完結させるなど、この状況ならではのアプローチによって制作されている。その制約がかかった状況の中で生み出すクリエイション・質感に肯定的なスタンスをとること自体が、『STUDY8』にお いては重要なテーマとなった。あるいは、タイトルに掲げられた、「LIVE THROUGH THIS=ただ生き抜く」ことしか考えられない今を精一杯レペゼンした一冊と言える。

また9/4(金)から3日間限定で代田橋にあるflotsam booksで先行販売も開催。期 間中は編集人の長畑宏明も在廊する予定だ。

Info

場所:flotsam books(フロットサムブックス) www.instagram.com/flotsambooks

住所:東京都杉並区和泉 1-10-7(京王線代田橋駅より徒歩 7 分) 期間:9 月 4 日〜6 日
営業時間:14 時〜20 時
*マスクをご持参ください。

* 9 月 7 日より公式オンラインストアでも販売開始いたします。 https://studymag.theshop.jp/

related

ストリートカルチャーマガジン『DAWN』がコロナ禍の特別号を発売 | Mars89、マヒトゥ・ザ・ピーポーなども登場し、Seihoや、佐久間裕美子、荏開津広も寄稿

インディペンデントのストリートカルチャーマガジンとして、昨年11月に発刊し即完売となった『DAWN』が『DAWN N°1.5 Survival Issue』を8/22(土)に発売する。

ファッション雑誌『STUDY』がリモートで制作した最新号『STUDY7.3』と髙橋恭司の写真集『ハレルヤ』をデジタルで無料配布

ファッション雑誌『STUDY』が外出自粛期間中にリモートで制作した最新号『STUDY7.3』と、昨年から制作中だった髙橋恭司の写真集『ハレルヤ』を本日6/2(火)にデジタルで無料配布した。

スチャダラパーによるインディーズ雑誌『余談』の最新号が発売 | RHYMESTERや藤原ヒロシ、やけのはらなどが登場

スチャダラパーが編集人を務める不定期刊のインディーズ雑誌『余談』の10号目が、5/22(金)にオンラインで発売される。 2010年から年一回発行のペースで発刊されてきた『余談』は、スチャダラパーが好きな人に会い、好きな人に漫画や原稿を書いてもらい、ただただ余談を繰り広げ、ITで5Gな世の中に抗...

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。