Kendrick Lamarが『DAMN.』は曲順を逆に聴いていくのが好きだと話す

Kendrick Lamarが4月にリリースしたアルバム『DAMN.』は、今年リリースされたアルバムの中でも重要作なのは間違い無いだろう。

同作を巡ってはリリース直後に別のアルバムが出るがささやかれるたりもしたが、ある事実をKendrick LamarがMTVのインタビューで認めた

それは『DAMN.』を最後の曲から順番に再生していくと、アルバムの内容があるストーリー的に展開されるという事実だ。すでに4月の段階で小林雅明がSign Magazineのレビューで指摘している通り、逆から再生するとサグなKendrick Lamarのキャラクターが現れるというストーリーが展開される。

この聴き方についてKendrickはMTVのインタビューで、「リリースされてから一週間後には、あるファンたちはアルバムが逆から再生できるということに気づいた」と話し、さらに「その聴き方でストーリーは完全になり、作品のリズムも良くなるんだ」と自身も曲順を逆から聴くのが好きなことを認めた。

さらにその曲順こそが「スタジオでの作業中、おれたちが間違いなく計画していたものだ」ともちろん想定済みだったことを明かす。さらに「ストーリーは必然的に変わらない、フィーリングが変わる」と曲順を変えてもアルバムの構造自体に変化はないと強調した。

様々な仕掛けが隠されている『DAMN.』、まだ秘密は眠っているのだろうか?

RELATED

グラミー賞候補作が発表 | 主要賞にヒップホップ作品が続々とノミネート

61回目となるグラミー賞の候補作が発表となった。今年の最多ノミネートは映画『ブラックパンサー』のサントラなどの効果でKendrick LamarがSZAとの"All The Stars"で最優秀レコード賞や最優秀楽曲賞などの主要賞を含む8部門にノミネート。

Kendrick Lamarはかつて2Pacの幽霊を観たことがある?

ハロウィンも近づいてきた今日この頃。「幽霊を見たことがある」という怪談は世の中に数えきれないほどあるが、尊敬している人物の幽霊なら会ってみたいと思う人も多いのではないだろうか。

Anderson .Paak とKendrick Lamarがコラボレーションシングル"TINTS"をリリース

先日よりアナウンスされていたAnderson .PaakとKendrick Lamarによるコラボ曲"TINTS"が10月4日(木)にリリースされた。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。