6年前からささやかれているKendrick LamarとJ.Coleのコラボ作。新たにTDEのPunchも噂を裏付ける発言

Kendrick LamarとJ.Coleが共同でアルバムを制作していると噂が長いこと流れているが、確信にいたる情報はない。これまでアルバムの存在を匂わせる様々な発言がされてきた。

Kendrick LamarとJ.Coleが二人でアルバムを共同制作しているという噂は2011年頃から広まり始めた。2011年にJ.ColeはMTVのインタビューで「俺とKendrickで色々おかしなことをやってるよ、これは世界をかき乱すはずだ」と発言。同じ年にKendrickも「90%の曲はあいつがプロデュースして、俺がそれに乗っかる。もう形になってるよ」と明らかにした。

その2年後、2013年にJ.Coleは「たくさん曲ができた。ただのEPとしてリリースするとしても、だいぶなものになるよ。まだ今は隠してある」と述べた。その2年後にKendrickはHOT97のインタビューで「共同アルバムは確実に計画していることだ。何かを起こす」と発言している。また、その年にプロデューサーのOddiseeがTimwetwoodTVで「2012年にKendrickとJ.Coleの二人が作った曲をレコーディングした。確かに存在する」と語った。

さらに、KendrickとJ.Coleが二人同時に、お互いの曲のトラックでラップした「Black Friday」という曲をSoundcloudでリリース。J.Coleの曲では歌詞で「俺とKendrickがいつドロップするかって?その日は永遠にこないよ。俺ら二人一緒なんて世界が耐えられないだろ」と歌った。これが皮肉なのか、それとも本当に永遠に共同作品をドロップしないのかは不明なまま。

それからしばらく空き、昨年末にThe Break fastの番組内でAb-soulが「KendrickとColeのアルバムは存在する。あいつらは長い間それに取り組んでいる」と言及。

そして先週末、レーベル『Top Dawg Entertainment』の共同社長であるPunchがTwitterで新たにこの噂を裏付ける発言をした。Punchが「最近どう?」とツイートすると、とあるファンがKendrickとColeの共同作についてコメントした。それに対してPunchは「たぶん一生無いよ」と返信。ファンたちにショックを与えた。


しかしその二日後にPunchはTwitterで発言を訂正。「この前のKendrickとColeについてのことは冗談だ。きっとリリースされるよ。俺は知らないけどもしかしたらね。本人たちに聞いてみな!」とツイート。


噂が流れはじめてから6年が経ち、それでもオフィシャルなリリースの発表はまだなく、確信には至れない憶測を呼ぶ発言がどんどん増えていく。

RELATED

Kendrick Lamarが故Mac Millerについて「彼はいつだって笑っていた」と語る

先週、突如として報じられたMac Millerの死。ヒップホップシーンの内外からMac Millerの人柄の良さを伝えるエピソードと追悼の声が寄せられている中、今回Kendrick LamarがMac Millerとの思い出を語っている。

ポール・マッカートニーがKanye Westとこれまで共作した3曲それぞれの作曲について語る

5年ぶりのニューアルバム『Egypt Station』をリリースし、来日公演も控えているロックレジェンド、ポール・マッカトニー。『GQ』で彼のロングインタビューが公開された。インタビュー内でポールはKanye Westと共作した3曲について語っている。

Kendrick Lamarの所属レーベルTDEのCEOがアルバムリリースの噂を否定

先日Kendrick Lamarと同じくTop Dawg Entertainment(TDE)に所属するアーティストのIsaiah Rashadが、Kendrick Lamarの新作を聴いたと述べたことが話題となった。さらにTDEが今年中に少なくとも2つの作品をリリース予定ということも相まり、その1つがKendrickのものではないかという期待をファンにもたせることとなった。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。