ファッション・ブランドによるパクりを指摘するInstagramアカウント

以前Supremeが、どのようなデザインからインスピレーションを受けて、アイテムを制作しているのかを指摘するInstagramアカウントを紹介したことがある。もちろんファッションにおいて、元ネタから引っ張ってくるというのは1つの立派なカルチャーとして成立している。

i-Dに特定のブランドではなく、様々なファッションブランドが別のブランドのデザインをコピーしているのを指摘するアカウント@Diet_Pradaのインタビューが掲載されている。

これらの投稿のように、このアカウントは比較する形で、オリジナルとそれの類似品のデザインを掲示し続けている。アカウントの主はi-Dに対し、「ファッション業界で8年間働いている」と自己紹介し、これまでにたくさんのファッションショーを見てきており、ショーを見ると「おお、これはまるで2000年代のあのブランドみたいだ」と思うようなデザインが多くあることに気づき、これをインターネットにアップした方がいいと思い立ったという。

アカウントの主は、最近は類似品が出るスピードが速まっていることも指摘、「50年代のデザインのコピーをいまするのは問題無い。しかし昨年のシーズンのものをコピーするのはトレンドが全てを均質化してしまった証だ」と話す。

そうではなく、上手く過去のものを参照しているブランドは?という質問にはJ.W.Andersonの名前をあげ、「彼はオリジナルのやり方で、オリジナルをコピーしている」と話す。

またなぜファッション業界ではこんなに類似品が目につくのかという質問については、「ファッションがとても視覚的なものだから」と話し、「レストランも同じようなコピーはしていると思うけど、「おお、このレストランは、あのレストランの去年の秋冬シーズンをパクってるとはならない」と指摘している。

RELATED

Lil Uzi VertのInstagramアカウントでNicki Minajなど他人が謎の投稿を連発

先日Lil Uzi VertのInstagramアカウントに1つの投稿が行われた。

ハワイに住む16歳が生み出すファッションのトレンドを取り込んだミーム

ここ数シーズンにいくつかのハイブランドが発表した服のサイズの「肥大化」が止まらない。ファッショントレンドとして、80年代や90年代のリバイバルが言われて久しいが、当時は肩パッドの入ったジャケットやぶかぶかのボトムスなどビッグシルエットが流行だった。

海外旅行中の写真は同じようなものばかりであることを証明する動画

Instagramに投稿される海外旅行の写真は、同じような場所で同じようなポーズや構図で撮影された写真だらけである。それを証明する動画『Instravel ― A Photogenic Mass Tourism Experience』が公開された。

MOST POPULAR

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。