「HOLLYWEED」の実行者が今度はサンフランシスコの名所に反トランプのバナーを掲げる

新年早々、カリフォルニア州・ハリウッドの象徴「ハリウッドサイン」を「HOLLYWEED」に書き換えた実行者が、今度はサンフランシスコの名所ゴールデンゲート・ブリッジに反トランプのバナーを掲げた。

実行者の名前はアーティストとして活動するZach Fernandezで、彼はゴールデンゲート・ブリッジに登り、長さ12メートルの「Impeach(弾劾する)」と書かれたトランプ新大統領を批判するバナーを掲げた。写真では見えていないが、下には「You're Fired(お前は首だ)」と以前出演していたTV番組でトランプ自身が、決め台詞にしていた言葉も書かれている。

ゴールデンゲート・ブリッジは高さ67メートルでZachの代理人は「Zachは手すりに飛び乗り、外部の歩道を這っていき、バナーを掲げた」と話している。

Zachは「HOLLYWEED」事件の際も自ら名乗り出て、逮捕されており、今回の一件も現在カリフォルニア州の高速道路警察が捜査中だ。

 

RELATED

マイケル・ムーアの最新作『華氏119』の予告編第二弾が解禁

時のブッシュ政権など巨大な権力に対抗してきたドキュメンタリー映画監督のマイケル・ムーアの最新作『華氏119』の本予告映像が解禁となった。 ドナルド・トランプを標的にした本作だけに、予告編も警告音と共に「あなたも、“トランプ慣れ”していませんか?」と今や毎日のようにニュースに出て、私たちにエンタ...

Kanye Westがトランプ大統領をホワイトハウスに訪問か

TwitterやInstagramのアカウントを消去し、新作の制作モードへ集中していくとみられていたKanye Westだが、どうやらKanyeのお騒がせ行動は止むことはなさそうだ。

Fat Joeがハリケーンマリアの犠牲者に対するトランプ大統領の発言を批判

以前より反トランプの立場を取ってきたニューヨーク出身のベテランラッパーFat Joeが、昨年プエルトリコとドミニカを襲ったハリケーンマリアにの死者数についてトランプ大統領が異議を唱えた一件を批判している。

MOST POPULAR

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。