Snoop Doggがドナルド・トランプ就任演説でパフォーマンスをするアーティストを痛烈に批判すると予告「誰がこんな差別主義者のためにやるんだ?」

1/20にオバマ大統領からトランプ新大統領にバトンが渡される。大統領選挙期間中も多くのアーティストから反感を買ってきたトランプのために誰が就任演説でのライブパフォーマンスをやるのか?

そんな中Snoop Doggが、自身のインスタグラムで就任演説でパフォーマンスをするアーティストを、徹底的に批判していくと予告した。

「だれもトランプ大統領の就任演説には行かないだろ?白人に近づく黒人でパフォーマンスするつもりのやつはいるのか?」「就任演説でパフォーマンスするような、屈したアンクルトムみたいなやつはおれが叩きつぶす。だれが最初にやるつもりだ?」と、もし黒人アーティストがトランプのためにパフォーマンスをしたら、痛烈に批判していくと宣言した。

snoopdoggさん(@snoopdogg)が投稿した動画 -

 

The Daily Beastによると、トランプ大統領就任演説でのライブオファーを受けたアーティストはKanye West、Elton John、Justin Timberlake、Bruno Mars、Celine Dion等だが、全て断られたという。

「就任演説のリストはすべて就任演説に参加してほしいセレブだ。だけど、彼らはみんなヒラリー側で、だれもいない。誰かいないのか。」と昨年末に、トランプは悲痛なつぶやきをツイッターに投稿していた。

昨日の初の記者会見も大荒れとなり、就任演説もこの流れだと順風満帆の船出とはいかなそうだ。 (野口耕一)

Via Hiphop DX

RELATED

Kanye Westが『Jimmyb Kimmel Live!』でのトランプ大統領を巡る質問に答えなかったことについて苦しい釈明

先日、人気番組『Jimmy Kimmel Live!』に出演したKanye West。彼の登場は世界的に注目を集めたが、その中でもホストのJimmy Kimmelによる「あなたは”ブッシュ大統領は黒人のことを一つも考えていない”と発言したことで有名ですが、トランプ大統領が彼らに対してやっていることについてどう思いますか?」という質問と、それに対してKanyeが沈黙したことが大きな話題を呼んだ。

Snoop Doggが世界一巨大な"Gin and Juice"カクテルを作りギネス記録を更新

Snoop Doggが1993年にリリースしたアルバム『Doggystyle』に収録されているヒット曲といえば"Gin and Juice"だ。94年にシングルカットされた同曲は翌年のグラミー賞のベストソロラップパフォーマンス部門にもノミネートされたが、惜しくも受賞は逃してしまった。しかしそれから23年経って、ある記録が作られた。

Snoop Doggが映画撮影中に小道具のマリファナを本物にすり替えたとマシュー・マコノヒーが明かす

自身でもウェブメディアなどを立ち上げマリファナを啓蒙してきたSnoop Doggだが、どんなチャンスでも逃さないようだ。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。