経営破綻したアメリカン・アパレルをAmazonやForever21が買収?

昨年2度目の破産申請を行い、日本の店舗を撤退させたアメリカン・アパレルの売却入札が行われる。Amazon.comやForever21が応札すると、複数の関係筋から明らかになったと水曜日ロイターが報じた。

アメリカの州の中で一番労働コストの高いカリフォルニア州に向上のあるアメリカン・アパレルの入札結果はアメリカの経済にも影響を与えると見られている。

Amazon、Forever21、Next Level Apparel、ブランド・ライセンシング社のAuthentic Brands Groupなどがアメリカン・アパレルとそのアドバイザーと買収提案について協議したとのことだ。応札の期限は今週金曜日になっている。

昨年11月に破産申請を行い、カナダのアパレル・メーカーGildan Activewearから6600万ドルの買収を受け、それに応じた。その際、Gildanはアメリカン・アパレルが持つサウス・カリフォルニアの工場を残すという条件を付けていた。工場には3500人の労働者が働いている。Gildanは、自社の6600万ドルを買収額を上回る応札がなければ、工場を縮小することを考えている。もちろんGildanの他の工場は労働力の安い国々にある。

RELATED

NikeとAmazonがパートナーシップを結ぶ予定との報道

NikeとAmazonがパートナーシップを結ぶ予定であると話題になっている。Nikeブランドのアパレルを直接Amazonを通して販売する予定とのこと。さらにネット通販で多く出品されているNikeの偽造商品の取締も一層強化していく様子。

GildanがAmerican Apparelを買収、アメリカ国内の店舗も数ヶ月以内に全て閉店か

Gildan ActivewearはAmerican Apparelを権利と在庫合わせて110億円以上で買収したことを発表した。

Amazonが飛行船を倉庫に!飛行船倉庫から小型ドローンで配達を行うシステムを特許取得

Amazonは飛行船をまるごと倉庫にし、そこからドローンで各家庭に荷物を配達するためのシステムの特許を取得していた。

MOST POPULAR

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。