NikeとAmazonがパートナーシップを結ぶ予定との報道

NikeとAmazonがパートナーシップを結ぶ予定であるとSole Collectorが伝え話題になっている。Nikeブランドのアパレルを直接Amazonを通して販売する予定とのこと。さらにネット通販で多く出品されているNikeの偽造商品の取締も一層強化していく様子。

今回Nikeが登録するのはAmazonのブランド登録というサービス。ブランドの保護や、中古商品で偽造商品が出回ることを防ぐ効果がある。

Nikeはこれまでチェーン店のスポーツ用品の小売販売店やデパートなどの量販店で第三者に商品の販売を任せていたのだが、今回このAmazonブランド登録にNikeも登録することで、今後NikeはAmazonを通したダイレクトセールスに力を入れていく。

家まで商品を届けてくれるネット通販の普及によって、お店に商品を置く実店舗販売の売上は年々減少傾向にある。それに加えて中古販売で偽造商品が出回っていることもあり、NikeはAmazonとパートナーシップを結ぶ意を決した。

New York Postによると、今回の契約で打撃を受けるのは量販店やAmazonを使用してNikeを販売していた業者であると専門家は語っている。Air Jordanなど希少価値のある商品を扱う小売業者にはダメージは少ないはずであるとのこと。

量販店と小売業界が不景気となってしまった今、ネット通販に切り替えて、NikeのようにAmazonとパートナーシップを結ぶブランドがこれからもさらにどんどん増えていく。

related

StüssyとNikeのカプセルコレクションが発売 | Air Max 2013を再構築したフットウェアも登場

これまでも多くのコラボレーションを行なってきたStüssyとNikeが、2022年秋シーズンのカプセルコレクションをリリースする。

NBAの75周年を祝したNIKEの最新作が登場|NIKE AIR FORCE 1 '07とNIKE BLAZER MIDがUNDEFEATED限定で発売

1946年、NBAの前身であるBAA(Basketball Association of America)が 11 チームで発足され、のちに 1949年にNBAへとなり迎えた2021〜22シーズンに、75年目のアニバーサリーを迎えるNBA。記念すべきこのシーズンをダイヤモンドアニバーサリーと称し、...

NIKE史上最もサステナブルなシューズ・エア ズーム アルファフライ ネクスト ネイチャーが登場

Nikeの史上最もサステナビリティ志向の高いパフォ ーマンスシューズ・エア ズーム アルファフライ ネクスト ネイチャーが、10月15日(金)よりNIKE のメンバーシップ限定で発売予定だ。

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。