NikeとAmazonがパートナーシップを結ぶ予定との報道

NikeとAmazonがパートナーシップを結ぶ予定であるとSole Collectorが伝え話題になっている。Nikeブランドのアパレルを直接Amazonを通して販売する予定とのこと。さらにネット通販で多く出品されているNikeの偽造商品の取締も一層強化していく様子。

今回Nikeが登録するのはAmazonのブランド登録というサービス。ブランドの保護や、中古商品で偽造商品が出回ることを防ぐ効果がある。

Nikeはこれまでチェーン店のスポーツ用品の小売販売店やデパートなどの量販店で第三者に商品の販売を任せていたのだが、今回このAmazonブランド登録にNikeも登録することで、今後NikeはAmazonを通したダイレクトセールスに力を入れていく。

家まで商品を届けてくれるネット通販の普及によって、お店に商品を置く実店舗販売の売上は年々減少傾向にある。それに加えて中古販売で偽造商品が出回っていることもあり、NikeはAmazonとパートナーシップを結ぶ意を決した。

New York Postによると、今回の契約で打撃を受けるのは量販店やAmazonを使用してNikeを販売していた業者であると専門家は語っている。Air Jordanなど希少価値のある商品を扱う小売業者にはダメージは少ないはずであるとのこと。

量販店と小売業界が不景気となってしまった今、ネット通販に切り替えて、NikeのようにAmazonとパートナーシップを結ぶブランドがこれからもさらにどんどん増えていく。

related

NIKEがバーチャルとリアルで様々なアクティビティやコンテンツを展開していくプラットフォームNIKE TOKYO LIVEをスタート

Nikeがスポーツの新しい発見や楽しみ方を促すナイキの最新グローバルキャンペーン「Play New」の一環として、スポーツの力を信じるすべての人が集まりつくられるプラットフォームNIKE TOKYO LIVEを始動した。

UNDEFEATEDよりNIKE DUNKとAIR FORCE 1のコラボレーションシューズ第2弾が発売

UNDEFEATEDから、これまでに様々なコラボレーションを展開してきたNIKE と、2021年6月に発売した「DUNK vs AF 1」と名付けられたシリーズの第2弾で、過去にリリースされた DUNK と AIR FORCE1のカラーウェイを新たに落とし込んだ 2足のシューズが 8月7日(土)に発売となる。

NIKE SBがParraデザインによるフェデレーションキットを発表

NIKE SBがアメリカ、フランス、ブラジルに続き、日本のスケートボードのフェデレーションキットを発売する。

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。