VLONEのマイアミでのPop Up Shopに「Revenge」とグラフィティが描かれ、Ian Conorが疑われるも本人は否定

FASHION  2016.12.05  FNMNL編集部

A$AP MobのメンバーA$AP BariによるブランドVLONEはマイアミで開催されたThe Art Baselで、Pop Up Shopをオープンしていた。その店舗の壁に「Revenge」と描かれたグラフィティが発見され、A$AP Bariと今年6月にパリで殴り合いの喧嘩をおこなった人気スタイリストのIan Connorの仕業ではないかと噂されていた。

Conorが描いたと思われる原因は、Bariとのトラブルそして、ConnorのInstagramのアカウント名がianconorsrevengeであったということもあるだろう。

そのIan Connorが本日Instagramを更新、描かれたグラフィティの写真とともに、これを描いたのは自分ではないとコメントしている。

Connorは「おれはこのグラフィティを描いてない。おれは自分の人生を生きることを学んでいるし、他人より自分自身にもっとフォーカスしている。おれとBariには意見の相違はあるけど、おれはずっとBariのことが大好きだよ。でもこのグラフィティが描かれて、みんながおれがしたように言ってたよ」と述べ、グラフィティを描いたことをきっぱりと否定し、Bariへの敬意も表している。

VLONE(楽天)

MUSIC

FASHION

CULTURE