A$AP Bariがレイプ容疑を認め約90万円の罰金を支払ったことが明らかに

2017年よりレイプ疑惑が浮上していたA$AP Mobの共同創設者であり人気ブランドVLONEのデザイナーであるA$AP Bariが、裁判にて容疑を認め罰金を支払ったことが昨日明らかになった。

iTVが報じるところによると、Bariは4000ポンド(約55万円)の保釈金を裁判所に支払い、また2500ポンド(約34万円)の賠償金を被害者女性に支払ったことで服役を逃れたという。

2018年にロンドンのヒースロー空港で逮捕されて以来続報の無かったA$AP Bariのレイプ疑惑だが、とうとう公式に有罪が決定してしまったようだ。今後のVLONE、そしてA$AP Mobメンバーとの関係性はどうなるのだろうか?

related

Nikeがレイプ疑惑が浮上していたA$AP Bariとの契約を終了

A$AP Mob全体を騒がせる自体となっている、VLONEのA$AP Bariのレイプ疑惑。Rockyにはじまり、Playboi CartiもBariをライブ中に批判していたが、ついにBariとコラボレーターのNikeの関係にまで波及した。

A$AP Bariのレイプ疑惑騒動についてA$AP Fergも言及

性的暴行疑惑の15秒の動画がネットで流出したことによって非難を浴びているA$AP Bari。同じA$AP MOBのメンバーのRockyがライブ中に彼のことをディスしたり、Playboy Cartiが「レイプはクソだ」と発言した。それに続き、同じくA$AP MOBメンバーであるFergも今回の騒動についてコメント。

Playboi Cartiもレイプ疑惑がもたれているA$AP Bariを批判 | 「おれはレイプなんてサポートできない」

先日A$AP Rockyが盟友でファッションブランドVLONEを運営するA$AP Bariをライブ中に非難した。堅い結束で結ばれていたA$AP Mobであるが、その前日にBariにレイプ疑惑が浮上したことがきっかけだ。

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。