Double ClapperzがUKのイラストレーターとコラボスウェットを発売

海外メディアでもたびたび取り上げられる東京のグライムプロデューサーデュオDouble ClapperzがUK・ブリストルのイラストレーターJoshua Hughes-Gamesとのコラボスウェットを発売した。

 

Joshua Hughes-Gamesは、Kahn & Neek率いるグライム・レーベルBandulu Recordsの印象的なジャケットをスクリーンプリントで手がけていることで知られている。

8737384697 6f6dba6e97 b

Tumblr nq2u1ahEv61uscnado1 1280

今回のコラボスウェットでは、バックプリントに肥後守と呼ばれる伝統的な和式ナイフをモチーフとしたイラスト、前面にはオリジナルデザインの"TOKYO GRIME"がプリントされている。

UKD TOKYOGRIME 4x5

UKD TOKYOGRIME 4x5 mae

Joshua Hughes-Gamesが担当するブリストルのBandulu Recordsの紙ジャケットのアートワークのファンになったDouble Clapperzは、今年7月、彼が来日した際Double Clapperzはバイナルのテストカット盤をサンプルとして渡した。そこで彼もDouble Clapperzの音を気に入り、ぜひいつかアートワークをやりたいと申し出たとのこと。

12月10日より発送開始、現在は予約受付中。
価格は£35 (約4800円)。

予約はこちらから

左からDJ sinta、Joshua Hughes-Games、Disc Shop Zero飯島氏。

RELATED

Spotifyにグライムのカテゴリーが誕生

2002年にイギリスのラジオ局から産声をあげたグライム。今では、WileyやSkepta、Stormzyなど数々の賞を受賞し、メインストリームで活躍するアーティストも現れ、急成長を遂げ続ける土着のジャンルだ。グライムは多くの音楽シーンに浸透し、ついにSpotifyにグライムというカテゴリーが設けられた。

ロンドンのグライムやラップイベントを中止に追い込んできた悪名高きFORM 696が廃止に

ロンドンのグライムやラップのイベントを中止に追い込んできた悪名高きFORM 696と呼ばれる書類が廃止されることになった。

Double Clapperzがチョイスするグライム・クラシックス10選

東京で活動するUKDとSintaによるグライムプロデューサーチームDouble Clapperzが、10/1に2枚目の12インチ『Get Mad』をリリースする。グライムの本場UKのインターネットラジオでも、すでに彼らの楽曲は多数プレイされるなど、東京、そして日本のグライムプロデューサーといえばDouble Clapperzという名前が出るのは普通のことになっている。

MOST POPULAR

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。