Supremeがレイシズムやセクシズムなどに反対するメッセージTシャツをリリース

ストリートブランドの代名詞といえるSupremeがInstagramで新しいTシャツのリリースを示唆する投稿を行った。

 

Say No

Supremeさん(@supremenewyork)が投稿した写真 -

このTシャツはメッセージTシャツで、プリントされたメッセージの内容は「レイシスト、セクシストの豚、権力者、宗教に、TVに、愛国心に、政治的イデオロギーに、そしてこの社会にある、本当にあなたに必要なものや、あなたがしたいことを気付かせない、様々なものに対してノーと言おう」というものだ。

このTシャツがいつリリースされるかは今の所未定だ。

Supreme(楽天)

 

RELATED

Lil Yachtyが自分が持っているSupremeの服を全部売る予定

Supremeといえば、今世界で最も人気のあるブランドの1つだろう。ニューヨーク発のこのブランドはヒップホップシーンでも揺るぎない地位を確立しており、これまでにも様々なラッパーが袖を通してきた。DipsetやNotorious B.I.Gなど、ニューヨークに関わりが深いラッパーたちともコラボしている。

議員に立候補した元ラッパーの過去のリリックが問題に

楽曲の中で政治的な主張を行うラッパーはコンシャスラッパーと呼ばれ、ヒップホップシーンに数多く存在している。しかし、もしもそのようなアーティストが政治家を目指して活動する場合、過去の楽曲の内容が問題になってしまうこともあるようだ。

Supremeのフェイクショップがスペインに登場

先日も中国のアパレルブランドがSupremeとの偽コラボを発表したように、Supremeは数々の有名ブランドの中でも、フェイクの多いブランドだということは周知の事実であろう。

MOST POPULAR

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。