BirkenstockのCEOがSupremeとのコラボを断った理由を明かす

ストリートウェアブランドのトップを走るSupremeは、これまでVansやNikeの様なスニーカー小売業者からLouis VuittonやJean Paul Gaulthierといった高級ブランドまで数多くの有名ブランドとコラボしている。そんな中、昨年8月にシューズブランドであるBirkenstockがSupremeとのコラボの辞退を発表したことが話題となったが、今回、BirkenstockのCEOがその一件の詳細な理由について語った。

BirkenstockのCEO、Oliver ReichertはThe Cutに対し、SupremeとのコラボはBirkenstockのイメージを下げるものでしかないとしている。Supremeのようなストリートウェアのレーベルは業界内でも確固たる支持を集めており、Birkenstockの今回の決断は大きな波紋を呼んだ。しかし、Birkenstockの幹部たちはFinancial Timesによるインタビューの中で、自分たちのブランドが優先する要素は市場のトレンドとは相反するとし、CEOのOliver Reichertは「多くのブランドは、ロゴを商品に付ける事で短期的な話題を生み出している」と語っている。ロゴではなく、製品自体に誇りを持っているBirkenstockにはSupremeとのコラボはマイナスイメージなのだろう。

Birkenstockの最高販売責任者であるKlaus Baumann氏は、Supremeに対して「製品ではなくロゴの力だ。」とSupremeの人気が製品そのものの人気ではない事を主張した。彼は、Supremeが新しい商品を発売する度に店頭の外に集まる群衆に対しても「土曜日にBirkenstockのドアの外に警備員を置き、入場を規制すれば、同じ様に行列ができるでしょう。」と語った。

人気のストリートブランドと古くからのメゾンとのコラボが発表され続ける昨今だが、このように一貫した姿勢を保ち続けることでBirkenstockはファンからの支持を集め続けているのだろう。Supremeのファンにとっては残念な一件だったが、今後はどのようなブランドとコラボを行うのだろうか?

RELATED

Supreme初の女性スケーターBeatrice DomondのインタビューがSSENSEに掲載

日本でも公開されていた映画『スケートキッチン』などで女性スケーターに注目が集まる中、Supremeに初の女性スケーターとして契約したBeatrice DomondのインタビューがSSENSEに掲載されている。

Supremeがトランプ大統領による性的虐待の告発者に捧げるTシャツを発表

SupremeとフォトグラファーのRichard Princeが、トランプ大統領による性的虐待の被害に遭った18人の女性たちをフィーチャーしたTシャツを発表した。

Supremeにロゴをサンプリングされた養豚企業が自前のLOOKBOOKでレスポンス

先日大人気ブランドSupremeの今年の秋冬コレクションがローンチされた。東京の各ショップにも大行列ができるなど、相変わらずの人気を誇る同ブランドと、60年近くの歴史をほこる大手養豚企業Farmland Foodsとの間で、興味深いやりとりがされている。

MOST POPULAR

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。