Discwomanの中心人物UmfangがFACTの名物企画『Against The Clock』に登場

ジェンダーについての問題提起を行いながら活動を続けるニューヨークの注目コレクティブDiscwoman。その中心人物であるUmfangが、10分という時間制限の中でトラックを作るFACTの名物企画『Against The CLock』に登場した。

ハード機材で打ち込みAbleton Liveでエディットするというスタイルを採っているUmfangの使用機材は、BOSSのドラムマシンDR-202とKORGの名機microKORG、ベースシンセx0xb0xの三つが中心。DR-202でアブストラクトなドラムパターンとベースラインを作った後、microKORGとx0xb0xでスペイシーなシンセの音を入れようとしている。

完成した楽曲はシンプルながら不穏でアブストラクトな雰囲気のテクノ。制限時間に追い詰められたのか打ち込みや音色を思うように決められていないように見える場面もあったが、「音数が少ない、シンプルな曲が好き」と語る通りスカスカした独特な楽曲に仕上がっている。

前回の食品まつりa.k.a Foodmanを始めエレクトロシーンの若い個性的なアーティストが続々と出演している『Against the Clock』。果たして次回はどのようなアーティストが登場するのだろうか?

RELATED

DISCWOMANのミックスシリーズにChangsieが登場

ジェンダーの問題を提起しながら女性やLGBTのアーティストをサポートする、ニューヨーク拠点のプラットフォムDISCWOMANから、東京を拠点に活動するChangsieのミックスが公開された。

NYの大注目コレクティブDiscwomanのショーケースナイトがWWW Xで開催

先日開催された第2回のCYK feat. Baba Stiltzに続き、WWW Xを舞台としたクラブナイト「WHEREABOUT」の第2回がNYの最注目コレクティブDiscwoman のショーケース・ナイトとして開催。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。