DISCWOMANのミックスシリーズにChangsieが登場

ジェンダーの問題を提起しながら女性やLGBTのアーティストをサポートする、ニューヨーク拠点のプラットフォムDISCWOMANから、東京を拠点に活動するChangsieのミックスが公開された。

コレクティブ、ブッキング、エージェントと多岐に渡り活動するDISCWOMANは、ミックスシリーズも展開。これまでにYAEJIやCIEL、JAYDA G、IKONIKAなどジャンルレスにミックスを発信している。

そして今回70番目を飾ることとなったChangsieは、Crack MagazineやNTSからミックスを披露するなど、国内に留まらず、各国でその名を轟かせている。また自身のパーティー『Joyride』や『HARDER』を主催する彼女は、より国内のインディペンデントシーンにおいても必要不可欠な存在となっている。今回のミックスでも力強いベースを効かせたテクノ、ハウスを中心に幅広く展開。後半45分以降からは徐々にBPMをあげていき、ドラムンベースでフィニッシュ。

UKベースミュージックに留まらず、縦横無断に展開していくChangsieプレイを是非体感してみてはいかがだろうか。

related

CHANGSIEが渡英前のラストギグでキャリア初のワンマンパーティーを開催

日本のダンス・フロアで今最も信頼され、世界へ飛び出すDJの一人CHANGSIE(チャンシー)が、キャリア初のワンマンパーティーを、1/24(金)に東京・渋谷 WWWβで開催する。

The Most Memorable Thing from the 2010's Selected by Changsie

早くも年末到来ということで、恒例のFNMNLの年末企画がスタート。今年は2010年代も終わりということで、この10年間の中でもっとも印象的だったことをFNMNLと関係の深い方々に訊いていきます!題して『The Most Memorable Thing from the 2010’s』。印象的な音楽作...

『Local World』にDISCWOMANが再登場 | UMFANG、SHYBOI、CCLが揃って来日

NYを拠点とするプラットフォーム、コレクティブ、およびブッキング・エージェンシーとして存在感を高めているDISCWOMANが、WWWのレジデントシリーズ『Local World』に再登場する。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。