DISCWOMANのミックスシリーズにChangsieが登場

ジェンダーの問題を提起しながら女性やLGBTのアーティストをサポートする、ニューヨーク拠点のプラットフォムDISCWOMANから、東京を拠点に活動するChangsieのミックスが公開された。

コレクティブ、ブッキング、エージェントと多岐に渡り活動するDISCWOMANは、ミックスシリーズも展開。これまでにYAEJIやCIEL、JAYDA G、IKONIKAなどジャンルレスにミックスを発信している。

そして今回70番目を飾ることとなったChangsieは、Crack MagazineやNTSからミックスを披露するなど、国内に留まらず、各国でその名を轟かせている。また自身のパーティー『Joyride』や『HARDER』を主催する彼女は、より国内のインディペンデントシーンにおいても必要不可欠な存在となっている。今回のミックスでも力強いベースを効かせたテクノ、ハウスを中心に幅広く展開。後半45分以降からは徐々にBPMをあげていき、ドラムンベースでフィニッシュ。

UKベースミュージックに留まらず、縦横無断に展開していくChangsieプレイを是非体感してみてはいかがだろうか。

RELATED

Discwomanの中心人物UmfangがFACTの名物企画『Against The Clock』に登場

ジェンダーについての問題提起を行いながら活動を続けるニューヨークのコレクティブDiscwoman。その中心人物であるUmfangが、10分という時間制限の中でトラックを作るFACTの名物企画『Against The CLock』に登場した。

Black Smoker RecordsからCHANGSIEのミックスCD『THE FURY』が発売

東京を拠点に、新宿Openで開催される「Joyride」、Asparaとのタイマンパーティ「HARDER」を主催するCHANGSIEが、Black Smoker RecordsからミックスCD『THE FURY』をリリースする。

ロンドンを拠点に活動するToruが東京、大阪で開催される『Joyride』、『Acid Punch 2』に登場

96年代中頃から現在に至るまで、ロンドンを拠点に活動するToruが新宿Openで開催される「Joyride」、大阪のBar Cauliflowerで開催する「Acid Punch 2」に出演する。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。