D.A.N.が3曲入りのニューシングル『Bend / Elephant』をライヴ会場限定でリリース

昨年はアルバム『Sonatine』をリリースし、海外へも本格的に動き出したD.A.N.がニューシングル『Bend / Elephant』をライヴ会場限定でリリースする。

シングルには未発表の最新2曲とインストバージョンを含む全3曲を収録。6/20(木)からスタートする来週からスタートする東名阪ツアー、『TOUR"BEND』から販売スタート、初回プレス限定となる。

シングル「Chance」からはじまったD.A.N.の2018年は、オリジナル・メンバー3人のみでははじめてとなるツアーを敢行、
さらには2ndアルバム『Sonatine』をリリース、さらには日本国内はもちろんのこと、アジア・ツアーなど海外でのライヴ、
フェスに出演し、バンド活動の第2章を象徴するような、その活動の場を広げた年となった。そして約1年ぶりの届けられた新曲たち。

幽玄なピアノのフレーズがゆったりとループするダウンテンポではじまる「Bend」は、微細な電子音のサイケデリアをまといながら、
楽曲の後半に進むほどに、激しさを増すドラムとともにエモーショナルに美しく高揚していく。
5分の時間軸はその壮大な流れとヴィジョンで限りなく広がっていく。
勢いだけでは表現できない、現在のD.A.N.の成熟した音楽性を示すサウンドと言えるだろう。

トロピカルなハウス・グルーヴを身につけた「Elephant」は、「Tempest」や「Sundance」といった楽曲で彼らが行ってきた
ダンス・ミュージックの援用の延長線上にある。野太くシンプルな、ドラム&ベースが刻むグルーヴ。さらに磨きをかけた
音質というファクターも、そこには大きな要因としてこの楽曲をより魅力的なものとしている。
さまざまな声や電子音がリズムの上で、カット&ペーストされ広がっていく、より研ぎ澄まされたプロダクションがあっての音像といえるだろう。
この楽曲をインストでもリリースするというのは、そこに彼らの音に対するスタンスも見ることもできる。

D.A.N.の第3章はここからはじまる。

Text by 河村祐介

Info

『Bend / Elephant』

1. Bend
2. Elephant
3. Elephant -Instrumental-

発売日:2019.06.20(thu)
価格:¥1,000(税込価格)
品番:SSWB-010 形態:CD
発売元:SSWB / BAYON PRODUCTION

※ライブ会場限定販売
※初回プレス限定

詳細 http://d-a-n-music.com/news/new-single『bend-elephant』/

RELATED

D.A.N.がワンマンツアーを前に新曲"Aechmea"を緊急リリース

D.A.N.が今週10/18(金)の静岡・浜松の窓枠からスタートする全国ツアーを前に新曲"Aechmea"をリリースする。

D.A.N.が新曲"Elephant"を配信限定でリリース

D.A.N.が6月のツアーで会場限定で販売したニューシングルから、"Elephant"を本日配信でリリースした。8/4に配信リリースした"Bend"に続き、今月2曲目となる新曲。

D.A.N.が5人編成での『PERMANENT』ツアーを全国9都市で開催

D.A.N.は、サポート・ミュージシャンを迎えて開催した、6月の東名阪ツアーを成功に終え、再びサポート2名を招き5人編成で巡る、国内9都市の全国ツアーが決定した。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。