SkeptaがベルリンのライブプラットフォームCOLORSで“No Sleep”をパフォーマンス

先日ニューアルバム『Ignorance is Bliss』をリリースしたSkeptaが、アーティストのライブを動画配信するベルリンのプラットフォームCOLORSに登場。『Ignorance is Bliss』から“No Sleep”をパフォーマンスしている。

カラフルな背景とマイクのみというシンプルなセッティングでのライブが特徴のCOLORSだが、今回はSkeptaをサーモグラフィーで撮影しライブ中の体温を色で表現するという試みを行なっている。ラップをするSkeptaのリアルな身体の感覚が伝わって来るような映像だ。もちろん、ライブでも音源に一切引けを取らないSkeptaのスキルの高さも堪能することが出来る。

2016年の傑作『Konnichiwa』以来となる『Ignorance is Bliss』はUKのアルバムチャートで初登場2位を獲得。Nafe SmallzやJ Husなど現在グライムシーンを代表するMCたちをゲストに招いた楽曲も注目を集めている。

Skeptaの他にもLeikeli47やLoyle Carner、Tierra Whack、Doja Catなど独特なアーティストたちのライブを配信しているCOLORS。今後登場するアーティストにも期待が高まる。

RELATED

Blood OrangeがベルリンのライブプラットフォームCOLORSで“Dark & Handsome”をパフォーマンス

以前よりSkeptaやTierra Whackなどのアーティストが出演してきたベルリンのライブプラットフォームCOLORSにBlood Orangeが出演。最新アルバム『Angel Pulse』に収録された楽曲“Dark & Handsome”をパフォーマンスした。

A$AP RockyがOtis Reddingのソウル名曲"(Sittin' On) The Dock of the Bay"のカバーを披露

今年アルバム『Testing』をリリースしたA$AP Rockyが、名ソウルシンガーのOtis Reddingが1968年にリリースした名曲"(Sittin' On) The Dock of the Bay"のカバーを、Triple Jの名物カバーシリーズで披露した。

A$AP Rockyの新作からSkeptaをフィーチャーした"Praise the Lord (Da Shine)"のNYとロンドンのストリートを映すミュージックビデオ

A$AP Rockyのニューアルバム『TESTING』から、UKにおけるRockyの盟友であるSkeptaをフィーチャーした"Praise the Lord (Da Shine)"のミュージックビデオが公開された。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。