FL Studioがヒップホップに与えた影響を紹介する動画がGeniusから公開

現在メインストリームとなっているヒップホップのトラックを作るプロデューサーの多くが使用しているDAW、FL Studioの功績を紹介する動画がGeniusから公開された。

他のDAWと比べ抜群の使いやすさを誇り支持を集めるFL Studioは、1998年にベルギーの企業Inage-Lineによって開発された。なんとImage-Lineは音楽ソフトを開発する以前はアダルトゲーム『Porntris』などで知られていた企業だったそうだが、Didier Dambrinというエンジニアを雇ったことで音楽市場に舵を切ったという。DambrinはFL Studioが使いやすい理由について「私には音楽的なバックグラウンドがありませんでした。Fruity Loops(現在のFL Studio)は、ミュージシャンのためにデザインされたソフトでは無かったのです」と、そもそも音楽制作についての知識が無い人を対象にソフトを開発したからだと説明している。ちなみに、名前はケロッグのシリアル「FROOT LOOPS」からとった物だという。

当初ヒップホップの世界ではDAWでのビートメイキングが一般的ではなかったが、2003年頃に9th wonderがいち早くFL Studioを用いてLittle BrothersやJay-Zのビートを制作。その後、2007年に大ヒットしたSoulja Boyの“Crank That”のビートがFruity Loopsで作られていたことから使用者が爆増したという。Drakeの“Best I Ever Had”のトラックを手がけたBoi-1daは「母親のクレジットカードを使ってFruity Loopsを買った」とのエピソードを披露しており、またJuice WRLDのプロデュースで知られるNick Miraも「Cardiak FlatlineやHopsinがFL Studioを使っているのをYouTubeで見てFL Studioを買って、毎日ビートを作るようになった」と語っている。

また、違法ダウンロードしたFL Studioを使っているユーザーが多いことも触れられている。Soulja BoyもクラックのFL Studioを使っていたことを公言しており、Image-Line側も「7年間もお金があまり入っていない」と語っている。使用者が多いぶん、クラックが出回りやすいという問題も抱えているようだ。

このように様々なプロデューサーに使用され爆発的な広がりを見せたFL Studio。これからビートメイキングを始めようと思っている人は、Geniusのこの動画をDAW選びの参考にしてみてはいかがだろうか?

related

アメリカ議会図書館がビートメイク用のパブリックドメインのサンプリングツール『Citizen DJ』を公開

ヒップホップのビートメイクといえばサンプリング。しかし、現在はクリアランス等の問題でサンプリングで作ったビートをメジャーな場で用いることに膨大な費用がかかることも事実だ。そんな中、アメリカ議会図書館がなんとパブリックドメインのサンプリングツール『Citizen DJ』をローンチすると発表した。

AppleがLogic Pro Xの90日間無料トライアルを提供

新型コロナウイルスの感染拡大防止に伴う自宅待機を余儀なくされている人々のため、Appleが音楽製作ソフトLogic Pro Xの90日間限定無料トライアルを提供することを発表した。

Nujabesがローファイヒップホップに与えた影響を解説する動画がGeniusから公開

今年で10周忌を迎えた日本のビートメイカーNujabes。彼が現在のローファイヒップホップシーンに与えた影響を解説する動画がGeniusから公開された。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。