Justiceがニュー・アルバム『WOMAN』リリースを記念し来日。フリーパーティーを開催

フレンチ・エレクトロシーンを象徴するアーティストJusticeは今月ニューアルバム『WOMAN』をリリースした。

 

Justice

今作『WOMAN』は、Justice自らが選んだ数々のクリエイターとのコラボレーションが実現。ファースト・シングル「Randy」の「ランディ」とは、欧米では男性にも女性にも用いられる人名であるが、この男女兼用の名前の中には、グザヴィエとギャスパールが、『Woman』の中に求めた、しなやかさと多面性を意味している。

そんなJusticeがリリース直後となる11/29(火)に渋谷のSankeysで、一夜限りのフリーパーティーを行うことを発表。

このフリーパーティーのチケットは11/27(日)の10時からローソンチケットで1人1枚のみゲットすることができる。なおWebや電話受付は行っておらず、ローソン・ミニストップ設置のLoppiでの直接発券のみとなる。

Info

東京 2016年11月29日(火)

渋谷/代官山Sankeys TYO

Artist: JUSTICE / KIRI (Phire Wire) / HOSHINA ANNIVERSARY (Boys Noize records) / Shoichi (Casino de Paris)

開場・開演: OPEN / START 23:00

チケット: ¥0- (All Standing / 別途1ドリンク代有り) *Special Free Party Price

チケット発売日: 11/27(日)10:00am〜

プレイガイド: ローソンチケット: Lコード:-
※枚数制限1枚
※ローソン・ミニストップ設置のLoppiでの直接発券のみ
※WEB・電話受付はございません

注意事項:
※20歳未満入場不可。入場時顔写真付身分証明書IDチェック有(要生年月日記載、コピー不可)。
※ご本人様と確認出来ない場合はご入場をお断りする場合がございます。その際のチケット代等の払い戻しは致しませんので予めご了承ください。

INFO: クリエイティブマン:03-3499-6669

企画・制作・招聘:クリエイティブマン
協力:ワーナーミュージック・ジャパン

https://www.creativeman.co.jp/event/justice2016/

■作品情報

Justice

JUSTICE『WOMAN』
2016.11.18 OUT
CD: WPCR-17564 | \2,200 (本体)+税
01. Safe And Sound ? セーフ・アンド・サウンド
02. Pleasure ? プレジャー
03. Alakazam! ? アラカザム!
04. Fire ? ファイア
05. Stop ? ストップ
06. Chorus ? コーラス
07. Randy ? ランディー 1st Single
08. Heavy Metal ? ヘヴィ・メタル
09. Love S.O.S - ラヴ・エス.オー.エス
10. Close Call - クロース・コール

商品ページ:http://wmg.jp/artist/Justice/WPCR000017564.html

related

JUSTICEとPHIRE WIREがコラボしベースボールシャツやバットも販売 | ローンチパーティーも開催

フランスを代表するエレクトロニックミュージックユニットJUSTICEと、PHIRE WIREがコラボコレクションを発表、ローンチを記念したパーティーが8/19にGR8で開催される。

サマソニ、ソニックマニア、第1弾ラインナップ解禁 | 最初のヘッドライナーはCalvin Harris

今年も東京・大阪8/19~20まで開催されるサマーソニックと前日8/18に東京で復活開催されるソニックマニアの第1弾ラインナップが解禁された。

Justice約5年ぶりのスタジオ・アルバム『Woman』。しなやかさと多様性がテーマのリード曲も配信中

エレクトロ・シーンの中核を担ったフランスのデュオJusticeが再始動を果たす。JusticeのホームレーベルであるEd Banger Records/Because Musicから3作目のスタジオ・アルバム『Woman』を11月18日にリリースすることを発表した。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。