Justice約5年ぶりのスタジオ・アルバム『Woman』。しなやかさと多様性がテーマのリード曲も配信中

エレクトロ・シーンの中核を担ったフランスのデュオJusticeが再始動を果たす。JusticeのホームレーベルであるEd Banger Records/Because Musicから3作目のスタジオ・アルバム『Woman』を11月18日にリリースすることを発表した。

 

Justice
Photo By So Me

リード・トラックで先行配信されている"Randy"は、男女共に使われる名前でもあり、この名前の中には、Justiceの2人、グザヴィエ・ドゥ・ロズネとギャスパール・オジェが『Woman』の中に求めたしなやかさと多様性を含んでいる。
セクシーなテイストのディスコとモダンなエレクトロの要素が両立された新たなJusticeの一面をみせてくれる曲になっている。

 

『Woman』ではJustice自らが選んだアーティストとのコラボレーションが実現。アルバム収録曲の中でいち早く公開された"Safe And Sound"は、RADIOHEADと共演したことのあるロンドン・コンテンポラリー・オーケストラも参加している。

Jutsiceの3rdスタジオアルバム『Woman』は11月18日に全世界同時発売!
現在iTunesではプレオーダー実施中で今プレオーダーをするとリード・トラック"Randy"と"Safe And Sound"がダウンロード可能となっている。

 

<Release Info>

Justice

『Woman / ウーマン』
2016/11/18 全世界同時発売

収録曲
1. Safe And Sound
2. Pleasure
3. Alakazam!
4. Fire
5. Stop
6. Chorus
7. Randy
8. Heavy Metal
9. Love S.O.S
10. Close Call

related

JUSTICEとPHIRE WIREがコラボしベースボールシャツやバットも販売 | ローンチパーティーも開催

フランスを代表するエレクトロニックミュージックユニットJUSTICEと、PHIRE WIREがコラボコレクションを発表、ローンチを記念したパーティーが8/19にGR8で開催される。

サマソニ、ソニックマニア、第1弾ラインナップ解禁 | 最初のヘッドライナーはCalvin Harris

今年も東京・大阪8/19~20まで開催されるサマーソニックと前日8/18に東京で復活開催されるソニックマニアの第1弾ラインナップが解禁された。

Justiceがニュー・アルバム『WOMAN』リリースを記念し来日。フリーパーティーを開催

フレンチ・エレクトロシーンを象徴するアーティストJusticeは今月ニューアルバム『WOMAN』をリリースした。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。