トランプ支持者から「ナチスの服を着てヒラリーの応援演説をした」と批判されたレディー・ガガが着用していたジャケットの真実

レディー・ガガが11/7に米大統領選挙の激戦区であるノースカロライナ州で開催された民主党候補ヒラリー・クリントンの支援者集会に登場し演説を行った。支援者集会にはオバマ夫妻やボン・ジョビら政治、文化界から多数の有名人が集まった。

 

ヒラリー・クリントンの応援演説を行ったレディー・ガガは、そのヒラリー・クリントンへの応援メッセージに加えて、ドナルド・トランプ支援者との対話を呼びかけるなど、アメリカの将来のための愛のメッセージを聴衆に送った。

しかし、ヒラリー・クリントンの支援者集会の様子を悔しい気持ちで見ていたドナルド・トランプのサポーターはあることに気付いた。

「レディー・ガガがナチスの服を着ている!」

Screen shot 2016 11 07 at 11 52 53 pm

レディー・ガガが着用していた黒のジャケットにシルバーのペンダント、赤のアームバンドが彼らの目にはナチスの衣装に見えたのだろう。

そのジャケットは実は…。

しかしレディー・ガガがその日着用していたジャケットは、マイケル・ジャクソンが1990年にホワイトハウスを訪れた時に着用していたジャケットそのものだった。レディー・ガガがナチスのジャケットを着るはずがなく、King of Popへのトリビュート、そして将来の大統領ヒラリー・クリントンに対する希望として、レディー・ガガが所有するマイケル・ジャクソンのジャケットを着用し、演説にのぞんでいたのだ。

1990 april 5 white house 31

2012年にレディー・ガガはマイケル・ジャクソンのコレクションをビバリーヒルズで行われたオークションで55点購入していた。マイケル・ジャクソンのアイテムのコレクターのレディー・ガガは、その大切なジャケットを着用する完璧なタイミングを手に入れたようだ。

RELATED

Rihannaがトランプ大統領が自身の楽曲を無断で使用したことに対してキレる

先日、Pharrellがトランプ大統領に対し、自身の楽曲“Happy”を演説の際に使用しないよう求めたというニュースがあったが、またしても同じようなことが起きた。

Supremeがトランプ大統領による性的虐待の告発者に捧げるTシャツを発表

SupremeとフォトグラファーのRichard Princeが、トランプ大統領による性的虐待の被害に遭った18人の女性たちをフィーチャーしたTシャツを発表した。

Pharrellがトランプ大統領に対し、演説の際に自身の楽曲"Happy"を使用しないよう求める

アメリカではまもなく中間選挙が行われる。アメリカ国民がトランプ大統領にどのような審判を下すのか世界中の注目が集まっているわけだが、トランプも良い結果を得るために、各地で集会を開き演説を行っている。

MOST POPULAR

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。