イタリアでSupremeのフェイクブランドSupreme Italiaが人気

世界的にSupremeの人気が再燃している中、それに合わせてブランドのコピーも蔓延している。今回はイタリアで偽物のSupremeのボックスロゴパーカーが販売された。それを作ったブランドSupreme Italiaについて同じくイタリアに店を構えるストアマネージャーの四人へのインタビューがウェブメディアNSSに取り上げられた。

 

イタリア中部の都市バルレッタでSupremeのトレードマークをコピーしたキャップ、ロゴパーカーが販売されたのだが、実際よりもロゴが大きい以外はほとんど同じである。しかし、もちろんSupremeとはなんら関係はない。さらにSupremeも創設者のJames JebbiaもSupremeという名前の著作権などは保有していないため、このコピー商品は非合法ではない。

Supreme Italia

この件に関して、Stone Group、Maison Group、Blackwater Store、INNER Milanoのストアマネージャーがそれぞれインタビューに答えた。

今回の件についてどう思うか?これをFakeと呼んでいいのか?という質問に対して

人気ショップStone SoupのAlerio Ghisiは「Supreme NYCかSupreme Italyかということに対して、興味も理解も出来ていない人々が多すぎる。彼らはロゴさえあれば良いと思っている。それはNYCだけができることでBarlettaやSingaporeでは作る事は出来ない。 それを着る事になんの意味がある?」と話す。

なぜSupremeのコピーが作られるのかという問いに対しては「答えはシンプルで、金が稼げるからだよ。このSupreme Italiaを取り扱っているお店は増えてきているし、彼らはオリジナリティーのないものを売り続けている。だけど、もし、あの商品が売れたら、彼らはまた作り続けるだろう」とBlackwater StoreのAlberto Campoは答えた。

INNER MilanoのDavide MarreはSupremeがなぜ訴えを起こさないのかという点については、「1番の理由としてはSupreme Italiaはローカルな現象だってことだ。あと、イタリアはグローバルなストリートウェアシーンに出て行かないんだ。俺はSupremeがこのコピーに関して無視した事は良かったと思ってるよ、ファンも無視するべきだし、何も知らずにコピーを買った人にそれはコピーだと言ってやるべきだよ」と話す。

Maison GroupのAlessandro Altomareは「俺はイタリア各地の散漫していた、良いものを良いと評価しないイタリアのファッションのシステムは嫌いだね。こんなのが売られていたら、それ以外のクールなブランドが取り扱われないし、こんなの存在する必要はないよ」とイタリアのファッションのシステム自体に問題があると指摘する。

この問題はイタリアのことだが、日本でも同じようなコピー商品は間違いなく売られており、粗悪なコピーにも高額な値段がついている場合もある。今の所消費者自身が気をつけるしかなさそうだ。(野口耕一)

Via NSS

 

Supreme(楽天)

RELATED

Supremeにロゴをサンプリングされた養豚企業が自前のLOOKBOOKでレスポンス

先日大人気ブランドSupremeの今年の秋冬コレクションがローンチされた。東京の各ショップにも大行列ができるなど、相変わらずの人気を誇る同ブランドと、60年近くの歴史をほこる大手養豚企業Farmland Foodsとの間で、興味深いやりとりがされている。

Lil Yachtyが自分が持っているSupremeの服を全部売る予定

Supremeといえば、今世界で最も人気のあるブランドの1つだろう。ニューヨーク発のこのブランドはヒップホップシーンでも揺るぎない地位を確立しており、これまでにも様々なラッパーが袖を通してきた。DipsetやNotorious B.I.Gなど、ニューヨークに関わりが深いラッパーたちともコラボしている。

Supremeのフェイクショップがスペインに登場

先日も中国のアパレルブランドがSupremeとの偽コラボを発表したように、Supremeは数々の有名ブランドの中でも、フェイクの多いブランドだということは周知の事実であろう。

MOST POPULAR

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。