Jaden Smithがかつて自分は吸血鬼だったと告白

CULTURE  2016.10.15  FNMNL編集部

ウィル・スミスの息子で、映画俳優/ラッパーのJaden Smithがフランスのファッション誌Numeroのインタビューに登場、かつて自身がヴァンパイアだったと興味深い告白をして話題になっている。

 

Jadenは「これまでの人生の一時期、僕はゴスだったことがある」と回答、その後に続けて「黒しか着なかったし、太陽も避けていた、なぜなら僕は吸血鬼だったから」と告白した。

その回答を比喩だと思った質問者が、「吸血鬼とはどういう意味ですか?」と尋ねたところ、「実際僕は吸血鬼だったんだよ」とJadenは比喩でもなんでもないと説明し、再度「太陽を避けなければいけなかったし、黒のトレンチコートしか着なかった」と語った。

もちろん「今は吸血鬼じゃないよ、その時代からは抜けたんだ。服も様々な色を着るし、陽の光も浴びれるよ。」と現在は吸血鬼ではないことも示した。

Via Pigeon & Planes

 

あわせて読みたい

MUSIC

FASHION

CULTURE