Chance The RapperのChance 3キャップが販売開始

Chance The Rapperのアルバム『Coloring Book』は彼にとっての3作目のフリーミックステープだ。常にフリーで作品を提供しつづける、彼の姿勢は一貫している。それは彼より若いアーティストに、新しいアーティストのロールモデルとしての姿をみせることだ。

 

そんなChance The Rapperが『Coloring Book』のジャケットでもかぶっている3とプリントされたキャップがNew Eraとのコラボでリリースされた。3作目のミックステープというで3がプリントされたシンプルなキャップはChanceもお気に入りのようで、ライブやTV出演など様々な場面でかぶっている。

 

Chance The Rapper

Chance The Rapper

 

このChance 3 New Era CapはChance The RapperのオフィシャルサイトやNew Eraストアなどで販売されている。

RELATED

Chance The Rapperがシカゴ市長選には立候補せずにAmara Enyia候補を支援すると表明

先月、現シカゴ市長Rahm Emanuelが辞意を表明し、それに対し、喜びのコメントをしていたChance The Rapper。 その後、Chanceは自身のTwitterにおいて、シカゴのシティホールで記者会見を行うことをアナウンス。次のシカゴ市長選に立候補するのではと噂されていた。

Chance The RapperがKanye Westとのコラボプロジェクト『Good Ass Job』について語る

先月、Kanye WestがChance The Rapperとのコラボプロジェクト『Good Ass Job』を作っていると明言して以降、ファンの期待は高まる一方で、詳しい情報などは未だ明らかにはなっていない。

Chance The Rapperが100万ドルをシカゴのメンタルヘルスサービスに寄付

Kanye Westとのコラボアルバムのリリースも待ち遠しいChance The Rapper。

MOST POPULAR

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。