clubasia存続支援コンピレーションアルバム『sound leakage 2020』がリリース|Masayoshi IimoriやTomggg、長谷川白紙など全30組が参加

株式会社カルチャー・オブ・エイジアが運営するクラブ/ライブハウスLOUNGE NEO、Glad、VUENOSの閉店を受け、同社が運営を続ける予定となっているclubasiaの存続支援コンピレーションアルバム『sound leakage 2020』がリリースされた。

Masayoshi IimoriやTomggg、長谷川白紙など、clubasia系列にゆかりのあるアーティストらが全30組の参加している。アートワークにはGraphersRockが担当。

Bandcampにて配信が開始されており、こちらの売上は全額株式会社カルチャー・オブ・エイジアに寄付される。

 

Info

『sound leakage 2020』

参加アーティスト
Amps feat. Iori Kimura
Batsu
DJ WILDPARTY
EmoCosine+GUANA
Hercelot
hirihiri
imai
isagenKabanagu
kamome sano
kissmenerdygirl
kyo
Masayoshi Iimori
Mikeneko Homeless
monolith slip
pavilion xool
PSYQUI
Ryuki Miyamoto feat. Mr.Q(ラッパ我リヤ)
Tomggg
Tsubusare BOZZ
upusen
WATARU
XYLÖZ
yuigot+長谷川白紙
Zekk
ウ山あまね
ハレトキドキ
栄免建設
星宮とと+KOTONOHOUSE+TEMPLIME
柴田

Artwork by GraphersRock

Bandcampにて3ヶ月間の期間限定リリース
https://clubasia.bandcamp.com/

¥3,000 / 全30曲

Twitterハッシュタグ #soundleakage2020

related

Gucci ManeやLil Pumpらがマイアミでマスク無しのパーティに参加していたことが報じられる

新型コロナウイルスのパンデミック以来、マスクは我々の生活にとって欠かせないものとなっている。マスクを着用しないまま人の密集する場所やパーティに足を運ぶことは自分自身や周囲を危険に晒してしまうこととなるが、今回、多くのセレブがマスクを着用せず集まるパーティが開催されてしまったことが報じられている。

ワクチンの接種が広がればアメリカのライブエンターテイメント会場が今秋には再開可能であるとの見解が発表される

昨年以来、新型コロナウイルスの発生によって世界中のライブエンターテイメント業界が大きな打撃を受けて久しい。未だにパンデミックの収束が見えない中、アメリカでのライブイベントの再開が可能となる時期の一つの目安とも言える見解が発表された。

緊急事態宣言の発出を前に音楽ライブエンタテインメント団体から政府に緊急経済支援策などを求める要望が提出される

新型コロナウイルスの再度の感染拡大に伴い東京・神奈川など1都3県に、本日1/7の夕方に再び緊急事態宣言が発出される見込みだ。 それを前に一般社団法人日本音楽出版社協会(MPA)、一般社団法人日本音楽事業者協会(JAME)、一般社団法人日本音楽制作者連盟(FMPJ)、一般社団法人コンサートプロ...

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。