F/CE.®がブランド創立10周年を記念し連続コラボレーション企画をローンチ|DIGAWELやUMBROなど親交の深い全7ブランドと

2010年のブランド創設から、今年で10周年を迎えるファッションブランドF/CE.®(エフシーイー)が、 記念すべき10周年のプロジェクトとして、毎月所縁のあるブランドとのコラボアイテムを7月からローンチする。

毎シーズン「国」をテーマに掲げるF/CE.®、2020年秋冬コレクションのテーマは「イギリス」。イギリスの西部に位置するブリストルではアーティストや作家、ミュージシャンなどが生活をしながら家や庭の運営を行う「Dial House コミュニティ」が存在する。

当10周年プロジェクトにて、「Dial House コミュニティ」の思想的な断面、住居、団結をテーマに、F/CE.®が10年で培ったきたものづくりの背景やテキスタイルを使用し、知り合ってきたブランド各社とのスペシャルアイテムを制作。全7ブランドとのコラボレーションアイテムが登場する。

コラボレーションから、一部を紹介。

Digawel × F/CE. Vinyl BAG(12inc) / ¥7,000+tax/ 7incサイズも(¥5,000+tax)/ 7月末発売予定

Digawelのデザイナーがバイナルコレクターである事と、F/CE.の山根氏も音楽と密接に関係しており、7インチ、12インチのバイナルバッグをソフトクーラバッグの構造にて作。「Dial Houseのコミュニティ」創始者であるバンド・Crassのフォントワークを使用し、プリントを施している。

Helinox × F/CE. Tactical Chair SPECTRA / ¥19,000+tax
Helinox × F/CE. Tactical Table M SPECTRA / ¥23,000+tax / 8月下旬発売予定

居住スペースのものとして制作されたイスとテーブル。素材は防弾チョッキにも使われている強靭な素材スペクトラ糸を使ったオリジナルコーデュラを使用。アルミポールは、アイビーグリーンのカラーを使用し、英国に敬意を払ったものに。

Mountain Research × F/CE. BONTAGE PANTS / ¥42,000+tax / 9月中旬発売予定

Mountain Researchが得意とするアナーキズムを主体としたアイテムを制作。もはやブランドの定番ともいえる、ボンテッジパンツは、コミュニティーの象徴的なスタイルを表現している。

UMBRO × F/CE. UMBROTRACK JK / ¥25,000+tax (MEN’S) / 8月発売予定
UMBRO × F/CE. UMBROTRACKPANTS / ¥24,000+tax(MEN’S)/ 8月発売予定
UMBRO × F/CE. UMBROTEAMJK / ¥22,000+tax(MEN’S)/ 8月発売予定
UMBRO × F/CE.UMBRO TRACK WIDE PANTS / ¥24,000+tax(WOMEN’S)/ 8月発売予定
UMBRO × F/CE.UMBRO TEAM TOPS / ¥22,000+tax (WOMEN’S)/ 8月発売予定

イギリスのスポーツウェアを代表するブランド、UMBRO。イギリスを象徴する、フーリガンがイメージソースで、ワールドカップのユニフォームに採用されたデザインをそのままに、生地は吸汗性、速乾性、さらには紫外線低減の機能を備える。1970年代からクラブチームのウエアのアイコンとして登場し、今やUMBROの象徴にもなっているダブルダイヤモンドジャガードテープ。今回、1998年からイングランドナショナルチームで採用されたモデルを使用している。フットボール起源のイングランドらしい伝統と誇りを象徴するアイテムだ。

ORPHIC × F/CE. METHODNESS LITE 10TH LIMITED / ¥27,000+tax / Size : 22.0-22.5~29.0-29.5cm / 8月末発売予定

デザイナーの白川とF/CE.の山根は古くから親交があり、彼の作る現代版ブリテッシュトレー ナーをベースに製作した。白グレーのグラデーションカラーリングと、サイドにダイニーマ素材を採用し、「OLD to NEW」なF/CE.らしいアレンジに。

 

Info

特設サイト
http://fce.tools/10th/

F/CE.®/エフシーイー
(ROOT/ルート)

問い合わせ先
TEL:03-6452-5867
http://fce.tools/

related

DIGAWELがFALL/WINTER 2020 collectionのLOOKを公開 | 90sストリートやフレンチトラッドがイメージソースに

DIGAWELがFALL/WINTER 2020 collectionのLOOKを公開した。

DIGAWELが2020SSのLOOKBOOKを公開 | テーマは「expression(l)ess」

西村浩平が2006年に立ち上げ、近年はパリのファッションウィークで展示会も行なっているDIGAWELが、2020SSのLOOKBOOKを公開した。

The Most Memorable Thing from the 2010's Selected by 西村浩平(DIGAWEL)

早くも年末到来ということで、恒例のFNMNLの年末企画がスタート。今年は2010年代も終わりということで、この10年間の中でもっとも印象的だったことをFNMNLと関係の深い方々に訊いていきます!題して『The Most Memorable Thing from the 2010’s』。印象的な音楽作品や個人的な思い出まで、どんな出来事がチョイスされていくのかお楽しみに!

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。