「アメリカ人の30%が新型コロナウイルスに関する陰謀論を信じている」との調査結果が発表

新型コロナウイルスの流行に伴い世界的な混乱が起きている昨今。ここ日本でも感染者数は増加の一途を辿り、十分な休業補償が得られないため多くの人々が苦しみの声をあげている。一方で今回のCOVID-19が中国から発生したことでレイシズムから来る陰謀論を唱える人々も残念ながら少なからず存在するが、そんな中アメリカで新型コロナウイルスに関する陰謀論についての調査結果が発表された。

Complexによると、アメリカの調査会社Pew Researchが「アメリカ人の約30%がCOVID-19についての陰謀論を信じている」とする調査結果を発表した。2月10日から16日にかけて実施されたアメリカの成人8914人を対象とした調査によると、そのうちの23%の人々がウイルスは意図的に開発されたものだと信じており、6%は誤って開発されたものだと信じているという。つまり、およそ30%がCOVID-19は中国の研究所で人工的に作られたものだと信じているようだ。また、これらの陰謀論を信じている人々は共和党支持者である傾向があったとのこと。

新型コロナウイルスの発生源については未だに議論が進められているが、研究所にて作られたものではなくコウモリが媒介となって発生したとの見方が大きい。中国の市場で取引されたコウモリの中に存在するウイルスが人間に伝染したことが起源であるとする説も存在するが、残念ながらこれらの説がレイシズムに結びついてしまう傾向も世界的に多く見られるものだ。ウイルスの発生源についての議論に伴い多くの陰謀論やフェイクニュースが出回る現状について、WHOはフェイクニュースの拡散を「インフォデミック」と呼び強い懸念を示している。またGoogleが陰謀論に関するファクトチェックのために650万ドル(約7億円)の資金を用意したことも発表された。

未だに不明瞭な部分の多い新型コロナウイルスについてのニュース。疑心暗鬼になってしまうのも仕方のないことだが、とにかくモラルを強く持ち安易な陰謀論に流されまいとする態度が我々に必要なことは間違いない。

related

ワクチンの接種が広がればアメリカのライブエンターテイメント会場が今秋には再開可能であるとの見解が発表される

昨年以来、新型コロナウイルスの発生によって世界中のライブエンターテイメント業界が大きな打撃を受けて久しい。未だにパンデミックの収束が見えない中、アメリカでのライブイベントの再開が可能となる時期の一つの目安とも言える見解が発表された。

緊急事態宣言の発出を前に音楽ライブエンタテインメント団体から政府に緊急経済支援策などを求める要望が提出される

新型コロナウイルスの再度の感染拡大に伴い東京・神奈川など1都3県に、本日1/7の夕方に再び緊急事態宣言が発出される見込みだ。 それを前に一般社団法人日本音楽出版社協会(MPA)、一般社団法人日本音楽事業者協会(JAME)、一般社団法人日本音楽制作者連盟(FMPJ)、一般社団法人コンサートプロ...

京都の音楽シーンをサポートするプロジェクトがスタート | CLUB METROや磔磔、WORLD KYOTO、Chambersなどが第一次支援先に

新型コロナウイルスの影響で苦しい状況が続く京都の音楽シーンをサポートする「#京都音楽シーン救済プロジェクト」が発足し、本日よりYahoo!ネット募金による募金受付が開始された。

most popular

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。