Billie Eilishが映画『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ 』の主題歌を担当することに

Billie Eilishが、映画『007』シリーズ最新作『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』の主題歌を担当することになった。

Instagramで主題歌を担当することを明かしたBillie、楽曲は兄のFinneasと共に制作したということだ。同シリーズ史上最年少として制作&歌唱を務めることになる。

『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』のプロデューサー、マイケル・G・ウィルソンとバーバラ・ブロッコリは 「私たちは、ビリーとフィニアスが、映画の感動的な物語にぴったりの、信じられないほどパワフルで感情的な楽曲を『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』のために書いてくれたことを嬉しく思います」とコメント。

またBillie自身は「どう考えてもクレイジー。こんな伝説的な映画シリーズのテーマソングをできることは大きな名誉。 ジェームズ・ボンドは、最もクールな映画だし。まだショック」とコメントし、Finneasも、「ボンド映画のテーマソングを書くことを僕たちはずっと夢見てきました。 『007/ゴールドフィンガー』(Goldfinger)や『007/死ぬのは奴らだ』(Live and Let Die)ほどの音楽と映画の象徴的な組み合わせはありません。 このような伝説的なシリーズ映画に関わらせていただき、とってもとっても幸運だと感じています。」と話した。

『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ 』の日本公開は4/10(金)となる。

related

ソフィア・コッポラの最新作『オン・ザ・ロック』の公開を記念して35mmフィルムで『ヴァージン・スーサイズ』と『ロスト・イン・トランスレーション』を上映

ソフィア・コッポラが監督・脚本を務め、Apple Original FilmsとA24が製作を手掛けるコメディ映画『オン・ザ・ロック』の公開を記念して、池袋・新文芸坐で10/9(金)から3日間限定で『ヴァージン・スーサイズ』と『ロスト・イン・トランスレーション』を35mmフィルムで上映する。

SHIBUYA TSUTAYAがリニューアル | 未DVD化作品含む約6000 タイトルのビデオテープを導入

TSUTAYAの旗艦店であるSHIBUYA TSUTAYAが、映像レンタルフロアを日本最大級の映画ミュージアムをテーマに大規模リニューアルし、9/17からリニューアルオープンした。

ソフィア・コッポラ監督の最新作でありApple Original FilmsとA24が製作を手掛けるコメディ『オン・ザ・ロック』が10月2日(金)より公開

ソフィア・コッポラが監督、脚本を務め、Apple Original FilmsとA24が製作を手掛けるコメディ『On the Rocks』が、邦題『オン・ザ・ロック』として、 10月2日(金)より全国ロードショーとなる。

most popular

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。