GoldlinkがInstagramにて故Mac Millerの楽曲“Dang!”が自身の楽曲“Unique”の剽窃であるとするコメントを発表|両曲に参加したAnderson. Paakからの反論も

昨年9月に薬物の過剰摂取によって悲劇的な死を遂げたMac Miller。生前の彼と交流があったラッパーのGoldlinkが、今回Instagramにて発表したコメントによって物議を醸している。

Goldlinkは今週水曜日に自身のInstagramを更新。Mac Millerの写真と共に、キャプションにて彼に宛てた長文のコメントを書き綴った。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Mac Miller I’d be lying if I said I was surprised to hear that you died on us. Not because you were necessarily troubled, but because you were special and because of that, you were troubled. At your peak, you were the archetypal rapper all of us wanted to be; which was independent. But also just a kid with really bright eyes about life. I’ll keep it short because I want to continue our conversation for when it’s my time to go. But I think what made you and I special is that we weren’t always on the best terms. So I didn’t always have great things to say about you. When we were on the GO:OD AM tour, I played you my album “and after that we didn’t talk”, and you thought it was absolutely incredible. I released it under the“Soulection” label and the single for my album was called “Unique” ft. Anderson Paak, and that was your favorite song at the time. You loved it so much that you made the entire tour party listen to it, and surprised me with a cake after my set. I always thought you drove yourself insane about your own music. So much that, you would adopt styles as homage to those around you that you loved. That’s where our problem started. Divine Feminine was an actual blueprint of “and after that we didn’t talk”. Your single was called “Dang!” Ft. Anderson Paak...you had Souelction support you on the Divine Feminine tour and when I tried to contact you, about anything at all...you never hit me. A close mutual friend ended up just hittin’ my DJ saying “listen man, we love Link, but we just had to do what we had to do. And Mac said if he needs a verse at anytime, he got him” We are family, you could always call me. Afterwards, we seen each other at Coachella, and you put your head down like an innocent child, but I told you to pick it up and I hugged you like the brother you are to me. You were the first person brave enough to openly say “he’s dope.”, and gave me a platform. That meant more to me than anything else. 3 days before you died, I remember pullin up on you at the crib, walking in the house and seeing the Divine Feminine album plaque on the wall. I was so proud of you and what YOU created for yourself. And I’m forever grateful for that

GoldLink(@goldlink)がシェアした投稿 -

そこには「俺が、お前が死んだことを聞いたときに驚いたと言ったら嘘になる。お前がトラブルを抱えていたからじゃない、お前が特別だったからだ。だから、お前はトラブルを抱えていたんだ。お前がピークを迎えていたとき、お前は俺たちがなりたいような典型的な、インデペンデントなラッパーだった」と彼に賛辞を贈った上で、「お前と俺を特別にしたのは、俺たちがいつでも良い関係だった訳じゃないからだ。だから、いつでもお前に対して良いことを言ってきた訳じゃなかった。『GO:OD AM』のツアーに一緒に出た時、お前に俺のアルバム『and after that we didn’t talk』を聴かせた。お前はそれを間違いなく凄いアルバムだと思ったはずだ。Soulectionからあのアルバムを出して、シングルはAnderson. Paakをフィーチャーした“Unique”という曲だった。その時、その曲がお前のお気に入りだった。“Unique”をとても気に入ってくれて、ツアーのパーティでは毎回聴いていた。俺のセットの後にケーキをくれて、俺を驚かせてくれた。俺はいつも、お前が自分の音楽のために狂ったように働いていたと思っていた。だから、お前が好きな物のスタイルを、オマージュとして自分の楽曲に取り入れていた。それが俺たちの間の問題の始まりだった。『Divine Feminine』は、実際『and after that we didn’t talk』を下敷きにしたものだった。お前のシングルは“Dang!”という曲で、Anderson. Paakをフィーチャーしていた。ツアーではSoulectionからのサポートを受けていた。俺がそれらについて連絡を取ろうとしても、お前は返事をくれなかった」と、Mac Millerが自身の作品を剽窃したとの主張を行なっている。最後に「お前は勇敢にも初めて俺のことを“ドープだ”と公言してくれて、俺のためのプラットフォームを築いてくれた」「お前と、お前がお前のために作ったものに誇りを持っている。それには、永遠に感謝し続けるよ」として追悼を行なっているものの、この文章は議論を巻き起こすこととなった。

Complexによると、その後“Unique”、そして“Dang!”の両曲に参加しているAnderson. PaakがGoldlinkの言葉を受けてコメントを発表。彼はInstagramの投稿(現在は削除)の中で「なんでそんなことをしたんだ?理解出来ない」として、「ベルトが腰にきつく巻きつきすぎていたのか、チョーカーが脳への循環を邪魔していたのかもしれないけど、俺に2回も連絡をする必要があったとお前が思っていて、俺の友達が返事をしなかったことについては、こう言わせてもらうよ。人間関係にインスパイアされたアルバムを作ったのはお前が初めてじゃないし、Anderson. Paakをフィーチャーした曲を作ったのもお前が初めてじゃない。でも、もうこの世にいない俺の友達を理由もなくディスしたのはお前が初めてだし、それには我慢出来ない」との反論を行なっている。

音楽性にも共通点を持ち、共にシーンを盛り上げてきたGoldlinkとMac Millerの間にこのような遺恨があったとは驚きだが、その死の1年以上後に故人に対するディスを行なったことに腹を立てている者も多いようだ。

その後Goldlinkからこの件についてのコメントは無いが、両者のファンにとって残念でならないニュースであることは間違いないだろう。

related

故Mac Millerの遺作『Swimming』と『Circle』のアナログボックスセット『Swimming in Circles』が発売

2018年、突如としてこの世を去ったMac Miller。彼が死の直前にリリースしたアルバム『Swimming』と、今年1月に最後のアルバムとしてリリースされた『Circles』の2作のアナログバージョンをまとめたボックスセットの発売が、Mac Millerの遺族によって発表された。

故Mac Millerのデビューミックステープ『K.I.D.S.』の10周年を記念しアナログバージョンがリリース|未発表曲2曲を追加したデラックスバージョンも配信

2018年にこの世を去ったMac Millerのデビューミックステープ『K.I.D.S.』のリリースから、今年で10周年。今回、そんな同作のアナログバージョンと、未発表曲2曲を追加したデラックスエディションがリリースとなった。

Ariana Grandeが故Mac Millerについて「彼にとって音楽以上に大切なものは無かった」と語る

2018年に薬物の過剰摂取によって命を落としたMac Miller。生前の彼について、かつての交際相手であり先日はJustin Bieberとのコラボ曲”Stuck with U“をリリースしたAriana Grandeが語っている。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。