Mac Millerの死因はフェンタニルとコカインの同時摂取による薬物中毒によるものと判明

今年の9月に悲劇的な死を迎えたMac Miller。先月末にはChance The Rapper、Anderson .Paak、ScHoolboy Qらを迎えた追悼イベントが開催されたことも話題となったが、そんな中彼の衝撃的な死の詳細が明らかになった。

TMZが伝えるところによると、Mac Millerは自宅のベッドでうずくまった状態で発見され、通報があった時には既に亡くなっていたという。鼻には擦り傷が出来て鼻血が出ており、コカインを摂取していたことが分かったそうだ。ベッドサイドには酒の空き瓶が転がっており、バスルームからはザナックス、オキシコドン、ヒドロコドン、アデロールなどの向精神薬や鎮痛剤のボトルが複数見つかったらしい。

ドラッグはそれぞれ致死量を摂取したわけではなかったそうだが、どうやらそれらを同時に服用し、その上酒とコカインを大量に摂取したことが原因で、フェンタニルとコカインの融合が致命的だったようだ。また彼の死は一部で言われていたような自殺ではなく突然のものだったとLAの観察事務所は結論付けている。

長く薬物中毒と戦ってきたことで知られていたMac Millerだが、彼の死の詳細も痛ましいものだったのが判明した。精神的な苦痛に耐えかねてドラッグに走ってしまうラッパーは多いが、Mac Millerの死を踏まえてもう一度考え直すことが必要なのかもしれない。

RELATED

Coachella 2019でKid CudiとChildish GambinoがMac MillerとNipsey Hussleを追悼

先週土曜日から3日間に渡って開催されているCoachella 2019の1週目。その2日目となる昨日にライブを行なったKid Cudiが、昨年死去したMac Millerと今月頭に銃撃によって命を落としたNipsey Hussleに捧げるパフォーマンスを行なった。

Madlibが故Mac Millerとのコラボアルバム『Maclib』はまとまった作品にはなっていないと語る

先月、プロデューサーのThelonious Martinがインタビューでその存在に言及して以来、リリースが待ち望まれていた故Mac MillerとMadlibによるコラボプロジェクト『Maclib』。MadlibがDJで同作からの楽曲をプレイしたことから近いうちにリリースされるのではないか、と見込まれていた同作だが、Madlib自身が「Mac Millerとのプロジェクトをリリースする公式の予定はない」と発表した。

Madlibが故Mac Millerとの未発表曲をDJ中にプレイ|コラボアルバム『Maclib』からの楽曲か

昨年9月に急逝し世界中に衝撃を与えたMac Miller。彼とMadlibとのコラボアルバム『Maclib』の存在が噂されている中、Madlibが自身のDJで同作からと見られるMac Millerをフィーチャーした未発表曲をプレイし、話題となっている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。