Kanye Westが「マクドナルドが俺の好きなレストラン」と発言したことでバーガーキングに煽られる

先日「俺の目はしっかりと開いている」として政治から距離を取ることを宣言し、落ち着きを取り戻したかのように見えるKanye West。「クリエイティブになることに全力を注ぐ」として目下アルバム『Yandhi』を制作中の彼だが、そんな中思わぬ方向から攻撃を受けてしまっている。

11月4日、Kanyeは復活した自身のTwitterにて「マクドナルドが俺のお気に入りのレストラン」とツイート。

この唐突でややシュールなツイートは瞬く間に拡散されたが、この発言に一際激しく反応した者がいた。バーガーキングだ。イギリスのバーガーキングの公式アカウント「Burger King UK」は、Kanyeのツイートに対して一言「なるほどな」と返信。何を理解したのか詳しくは分からないが、恐らくKanyeが問題発言を行ったりCandace Owensのような右派と親交を持っていたことと、資本主義の象徴のようなマクドナルドを結びつけたかもしくは単にマックがライバルだったので絡んでると思われる。

続けて、「あんたの目はまだ閉じたままだと思うよ」とコメント。「俺の目はしっかりと開いている」と言いつつマクドナルドを食べているKanyeはまだ正気失ったままだと痛烈に皮肉っている。

このバーガーキングによるKanyeディスは大きな話題となり、Twitterユーザーからは「運営してるのが誰であれ、お前は今世界一だ」「これがツイートのワッパーか」などと様々な賞賛の声が送られている。Burger King UK本人はこの事態に対し「こんなことになるならSoundCloudのアカウントを作っておけばよかった」と返答している。ディス曲をリリースすることも辞さないようだ。

サグなファストフード店といえばライバルチェーンとラップバトルを繰り広げミックステープまでリリースしてしまったWendy’sが思い出されるが、バーガーキングによるKanyeディス曲も是非聴いてみたいものだ。

RELATED

Kanye Westの人物像や音楽性に迫る書籍『カニエ・ウェスト論』が6月に刊行|一部を独占先行公開

Kanye Westのキャリアや作品、人物像に迫る書籍『カニエ・ウェスト論――《マイ・ビューティフル・ダーク・ツイステッド・ファンタジー》から読み解く奇才の肖像』が、DU Booksから6月8日に邦訳・刊行される。

Kim Kardashianが「Kanye Westのベビーシッターをすることにもう疲れた」と発言

2013年に結婚して以来、紆余曲折を経ながらも共に支えあってきたKanye WestとKim Kardashianの夫婦。仲の良さで知られる二人だが今回、Kim KardashianがいよいよKanye Westの周辺で巻き起こるトラブルに疲れた様子を見せている。

Kanye WestがCoachellaに出演しSunday Serviceを行うことが明らかに

今月半ばに2週間連続で開催されるアメリカ最大級の音楽フェスCoachella。以前ヘッドライナーとして予定されていたKanye Westが「会場に巨大なドームを作りたい」と要求したことで降板したことが報じられたが、最終的にCoachellaへの出演が再び決定したことが明らかになった。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。