Travis Scottの“Sicko Mode”の構造とダブの関連性を解説した動画が公開

昨年を代表するアルバムとなったTravis Scottの『Astroworld』。そのリード曲である“Sicko Mode”は3種類のビートをスイッチする構造や独特なサウンドでシーンに大きな影響を与えたが、そんな同曲の構造を独自の切り口で解説する動画がVox Earwormから公開された。

動画では“Sicko Mode”のビートスイッチの合間にあるディレイのエフェクトに注目。同曲の構造の起源がダブにあるとして、ジャマイカのレゲエがいかにしてダブに発展したか解説しており、さらにMajor LazerのJillionaireやUKのサウンドChannel OneのメンバーMikey Dreadにダブやサウンドシステムの歴史についてインタビューしている。

その後、ダブのパイオニアの一人であるKing Tubbyにフォーカスし、彼の経歴を実際の音源を交えつつ解説。彼のテープエコーが後世の音楽に与えた影響が理解しやすい動画に仕上がっている。

また、この動画に合わせてSpotifyで“Sicko dub Mode”と題されたプレイリストも公開されている。こちらも合わせてチェックすることで、“Sicko Mode”につながるダブの系譜をより楽しむことが出来そうだ。

RELATED

Travis Scottがアルバム『Rodeo』のリリース4周年を記念しファンへメッセージ

先日、Netflixにて自身のドキュメンタリー『Look Mom I Can Fly』が公開されたばかりのTravis Scott。そんな彼が昨日、2015年にリリースしたデビューアルバム『Rodeo』の4周年を祝い、Twitterでファンにメッセージを送った。

Travis ScottはCardi Bにグラミー賞を奪われたことに対して怒ってはいないと関係者が明かす

先週、Netflixにて公開されたTravis Scottのドキュメンタリー『Look Mom I Can Fly』。その中で、Travis Scottがグラミー賞の最優秀ラップアルバム部門を逃す場面があるのだが、現在そのシーンが波紋を呼んでいる。

『トラヴィス・スコット:Look Mom I Can Fly』| ヒューストンを愛する若きスーパースターの軌跡

昨年リリースのアルバム『Astroworld』で時代を代表するスターへと上り詰めたTravis Scott。そんな彼の軌跡を描いたドキュメンタリー『トラヴィス・スコット:Look Mom I can Fly』がNetflixで配信されている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。