6ix9ineがJay-Zの弁護士を雇ったことに対してSnoop Doggが噛み付く

銃撃、麻薬売買など複数の罪で逮捕され、司法取引のために仲間の罪を密告したことで大きな批判を受けた6ix9ine。そんな彼が今回、Jay-Zのチームの弁護士を雇ったことで新たに話題となっている。

6ix9ineが雇ったのは、以前移民税関局によって不当な拘留を受けた21 SavageのためにJay-Zが雇っていたAlex Spiro。21 savageの一件では見事釈放を勝ち取っており、かなり腕利きの弁護士であることが分かる。

XXLによると、この6ix9ineの行動に対しSnoop Doggがまたもや苦言を呈しているという。Snoop Doggは、Instagramにて6ix9ineニュースを報道する投稿に対し「あのネズミは堕落させておけ。ギャングスタのルールだ」とコメントしており、保身のために動く6ix9ineに対し怒りを募らせているようだ。

 

この投稿をInstagramで見る

 

#SnoopDogg speaks on #Tekashi69 🐀 🧀 see our previous post 👀

Rap by RAPTVさん(@rap)がシェアした投稿 -

以前にもSnoop Doggによる6ix9ineへの批判は話題となっており、今年2月にInstagramにて「俺の時代にはそんなこと許されなかったよ。密告なんて出来なかった。オバさんみたいなこと言うようだけどな、お前だってオバさんみたいなことやってるだろ。チクリ魔め、政府のために働くなんて」と密告に対して強く物申していた。

ギャングスタの先輩である彼にとっては若者が古くからのストリートのルールに反する行動に出ていることは見過ごせないのだろうが、弁護士を雇う程度のことは自由にさせて良いような気もする。

密告によってシーン全体からの株を下げた6ix9ine。果たして腕利き弁護士の力で自由を勝ち取ることは出来るのだろうか?

RELATED

6ix9ineの元ギャング仲間が自身のIQの低さを理由に刑を軽くすることを要求

現在、強盗や殺人、放火など計9つの罪で拘留されているものの、ついに2020年初頭に釈放される見込みであることが明らかになった6ix9ine。そんな彼とともに逮捕されたうちの1人が自身の知能の低さを理由に減刑を求めていることが明らかになった。

Snoop Doggがマリファナの規制に関する議論においてマイノリティーを考慮した条項が必要だと語る

ここ数年いくつかの国でマリファナの合法化が進む中で、様々な立場から合法化に対しての是非が議論されている。FNMNLでも幾度に渡ってマリファナを楽しむ姿を紹介してきたSnoop Doggが今回、マリファナに関するパネルディスカッションに出席し、その中でマリファナ産業においてマイノリティーを考慮した条項...

Snoop Doggが「TDEはDeath Row Recordsをより良くしたバージョン」だと語る

1990年代の西海岸を代表するレーベルであるDeath Row Records。2pacらと共にDeath Row出身アーティストの代表であるSnoop Doggが、現在の西海岸で独自の地位を築きKendrick LamarやScHoolboy Qらが所属するレーベルTop Dawg Entertainment(TDE)をDeath Rowと比較したことが話題を呼んでいる。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。