SUGARHILL 19 F/WのLOOKBOOKが公開 | テーマは「Black and Blue」

新進気鋭のデザイナー林陸也が手がけるブランドSUGARHILLが、「Black and Blue」をテーマに掲げた19FWシーズンのLOOKBOOKを公開した。

藻を意味するBlackと、青春のBlue、そして英語で「Black and Blue」は体に残った痣を意味する。テーマにある「痣」というキーワードを想起させる青い豹柄や、西橋慎太郎氏による息絶えた豹のイラストとGLAMHATEによる”愛”のカリグラフィーの刺繍を施したアイテムがラインナップ。他にも、手仕事によるレザー加工に定評あるブランドblackmeansに依頼し、加工を施したレザージャケット等、SUGARHILLならではの演出に拘り抜いたアイテムが揃う。

手仕事への敬意から、ロケーションには墨田区木根川にある皮革加工工場の秋田産業が選ばれた。レザーアイテムの仕込みをしている歴史的にも貴重な老舗加工場だ。モデルは丸山康太(バンド『踊ってばかりの国』)、撮影は写真家の岩本幸一郎、映像は佐久間カイト、スタイリングはスタイリストのRIKU OSHIMAを起用した。

『学生生活を振り返り、経た環境や時間の中で何が残るのか。
酷く嫌いだった学校、身を置く環境を移し最善を求めて渡り歩きました。
振り返ると素晴らしい経験や出会いにあふれていました、
しかし僕に強く残った感情はいつの間にかできた痣のような寂しさとでした。
コレクションの着想源は僕をいつも味方してくれる音楽たちです。
志磨遼平のグラム感、小山田壮平の青春、アレックス・ターナーのセクシー、そしてデーモン・アルバーンの友情。彼らの寂しさに共通項を見出し、ずっと憧れている彼らのスタイルを表現しました。』
From Designer 林 陸也

Info

~ 19 F/W LOOK BOOK ~
Models:Kota Maruyama

Photography:Koichiro Iwamoto

PV:Kaito Sakuma

Styling:Riku Oshima

Make-up:Kazuma Kimura

RELATED

Diaspora skateboardsの2019AW LOOKが公開

GAPやUMBROをはじめとするグローバルブランドから、JazzySportやVainl Archiveといったドメスティックブランドとのコラボレーションでも注目を集め、東京を中心に活動するスケートレーベルDiaspora skateboardsから2019AWのLOOKが公開となった。

STÜSSYのFALL 2019 LOOKBOOKが公開

STÜSSYがFALL 2019のLOOKBOOKをメンズ、ウィメンズ共に公開した。

BlackEyePatchが19FWのLookを公開

ゆるふわギャングをモデルに起用したNYでのPOP UPや、ALEHSYとSECT UNOの個展など精力的な活動を続けるBlackEyePatchが、デリバリーがスタートした19FWのLookを公開した。

MOST POPULAR

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。