YGが急逝したNipsey Hussleに「世界はお前が死ぬまでお前の才能を知らなかった」と追悼のメッセージを贈る

先日4月1日に、自身のショップの前で複数回の銃撃を受け死去したNipsey Hussle。彼と“FDT”などでコラボを行った盟友であるYGが、彼に追悼のメッセージを贈っている。

YGは今日自身のInstagramを更新し、Nipsey Hussleとの2ショット写真をアップロード。

Lost for words kuz i got so many of em 😢💙😔 We went thru so much shit together tryna make it out of LA with this rap shit, But we always got thru it then talked about it & after we talked. We laughed! You was a real big bro to me no kap. YOU 1 OF A KIND! I took so long to post you kuz I Kant believe this shit, I don’t wanna believe this shit. I’m not never accepting it. IDGAF what nobody say. It wasn’t yo time to go I’m lost homie. We had so much shit in the works. TV shows that was being written, A album “2 OF AMERIKKKAZ MOST WANTED” that we tried to work on twice but it never got done, If niggaz know NIP then Niggaz know bro got his own recording process. He rather start doin musik at 10am 😂😂😂😂😂😂😂😂😂😂😂😂 But we was 4sho gone do it 1 day, damn bro I’m sick. The shit we had is forever bro! THE WORLD DIDNT KNOW WHAT THEY HAD TILL YOU WAS GONE I BEEN KNEW! @nipseyhussle 💙❤️💙❤️💙

@ ygがシェアした投稿 -


そして「何と言って良いか分からないよ。俺たちは沢山のことを共に乗り越えて、LAでラップをやっていこうとしていた。いつもお喋りをしては笑っていたよな。お前は俺にとって本当に偉大な男だった」と彼との思い出をキャプションに綴り、追悼を行なっている。「これを投稿するには時間がかかった。こんなこと信じられないし、信じたくなかったからな。誰に何と言われようと、俺は受け入れられない。まだ死ぬ時じゃなかった」という言葉からは、友人を亡くしたYGの深い悲しみが伝わって来る。

YGとNipsey Hussleは『2 OF AMERIKKKAZ MOST WANTED』というコラボアルバムの制作に取り掛かっていたが、完成させることが出来なかったのだという。Nipsey HussleのラップについてYGは「あいつには独自のレコーディングプロセスがあったんだ。朝の10時に音楽を作り始めるんだよ。でも、俺たちは1日で曲を完成させた。ヤバかったよ。俺たちが作ったものは永遠だ。世界は、お前が死ぬまでお前の才能を知らなかったんだ。俺はとっくに知ってたけどな」と賛辞を贈っており、愛の込もった言葉でメッセージを締めくくっている。

ComplexによるとYGは4月12日に新作をリリースする予定だったが、Nipsey Hussleの死を受けてリリースを5月に遅らせると発表しているようだ。

親友を亡くしたYGの言葉は非常に胸が痛むものだが、同時に深い親愛を気持ちが伝わって来るものでもあった。天国のNipsey Hussleにも彼のメッセージは届いていることだろう。

related

YGの2014年の楽曲“Meet The Flockers”が「反アジア系のリリックを含んでいる」としてアルバム『My Krazy Life』がストリーミングプラットフォームから一時削除

アメリカでは昨年から今年にかけ、アジア系の人々をターゲットとした暴力事件が多発し、大きな問題に発展している。そのような状況の中、YGの2014年のアルバム『My Krazy Life』に収録されている楽曲“Meet The Flockers”が問題視されている。

YGとNipsey Hussleの“FDT”を道路で流していたファンがトランプ支持者に殴られる事件が発生

2016年に、YGと故Nipsey Hussleがリリースし反トランプのアンセムの一つとなった“FDT”。あまりに直接的なフックのリリックがこれまで良くも悪くも様々な事態を巻き起こしてきたが、今回、この楽曲をきっかけにトラブルに巻き込まれてしまった人物が現れたようだ。

YGやLil BabyらがBLMデモの模様を取り入れたミュージックビデオを発表

先日、ミネアポリスでアフリカ系アメリカ人男性ジョージ・フロイドさんが警察によって不当な取り調べを受けた末に窒息死させられた事件を契機に全世界で大きな盛り上がりを見せている「Black Lives Matter」デモ。ヒップホップシーンにとって避けては通れない問題である人種差別に対する抗議運動には多くのラッパーも参加、もしくはサポートを表明していたが、抗議の意思やここ最近のデモの様子を楽曲やMVに盛り込むラッパーも徐々に現れてきているようだ。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。