YGやLil BabyらがBLMデモの模様を取り入れたミュージックビデオを発表

先日、ミネアポリスでアフリカ系アメリカ人男性ジョージ・フロイドさんが警察によって不当な取り調べを受けた末に窒息死させられた事件を契機に全世界で大きな盛り上がりを見せている「Black Lives Matter」デモ。ヒップホップシーンにとって避けては通れない問題である人種差別に対する抗議運動には多くのラッパーも参加、もしくはサポートを表明していたが、抗議の意思やここ最近のデモの様子を楽曲やMVに盛り込むラッパーも徐々に現れてきているようだ。

これまでもNipsey Hussleとのコラボ曲”FDT“でトランプ大統領を痛烈に批判するなどポリティカルな楽曲も発表してきたYGは、先日新たに“FTP”(Fuck the Police)と題した楽曲をリリース。MVが先週末に公開された。

MVには実際のデモの映像が使用されており、またフックの「Fuck The Police」という部分に実際のデモのシュプレヒコールの音声が挿入される作りとなっている。YGのInstagramには撮影の様子が投稿されている他、今回のMVの意図を説明するメッセージが綴られている。「“FTP”と聞いて、彼らは俺が自分の街を燃やすと思ってる。だから俺たちは正しいことをして、間違いを証明したんだ。本当の話は、俺とBlack Lives Matterが5万人を集めて、団結と変化を求めて平和的に抗議したってことだ。この歌を聴いて、暴力的だと思われていた人々が共通の目的のために集まって、平和的に抗議したことを記録したかった。それが歴史だ」という言葉から、MVにデモの様子を使用することで「暴力的」とのイメージをなすりつけられたデモ隊が実際は平和的な抗議活動を行っていること、またそれを警察が暴力的に取り締まっているという事実を記録することが目的だったことが分かる。

 

この投稿をInstagramで見る

 

#FUCKTHEPOLICE

@ ygがシェアした投稿 -

 

この投稿をInstagramで見る

 

For anyone out there talking I don’t question your advocacy and don’t think you should question mine. See you gotta understand that a lot of people out there they see me as a N*gga. They don’t see the black proud man. They see a kid from Bompton and they expect violence. They hear FTP and they think I’m gonna come and burn my city. So we showed up and did it right. We proved them wrong. The real story here is me and Black Lives Matter brought out 50,000 people today to peacefully protest and unite for change. I wanted to document that so when they hear this song and think we are reckless and violent they see a peaceful protest of all different people coming together for a common cause. That is history. That is breaking down these stereotypes on our people and our neighborhoods. All of us protesting are on the same side here..instead of questioning each other’s activism we should be directing that energy at the cops and the government and helping to create the change we want to see. Stay focused and stop that social media judgement without knowing facts and hurting a cause we all a part of. We got a real enemy and it ain’t eachother. On my momma! 🎥 @yakooza

@ ygがシェアした投稿 -

YGだけでなく、Lil Babyも警察官による暴力や人種差別に反対するメッセージを歌った新曲“The Bigger Picture”を先週金曜日にリリース。MVにはリリックの内容と連動するように「Black Lives Matter」デモの模様や実際のニュース映像が使用されている。

他にもTerrace Martin、Denzel Curry、Kamasi Washingtonらが警察による暴力に抗議するメッセージを歌った新曲“PIG FEET”を今月初めに発表。MVは冒頭に「この楽曲のビデオは、今あなたの窓の外で起こっていることです」というテロップが表示され、実際のデモや暴動の模様が映し出される。Gardianの記事によればこの楽曲のリリックはジョージ・フロイドさんの一件と共にDenzel Curryの実の弟であるTreon Johnsonが2014年に警察によってテーザー銃で撃たれ、催涙ガスを浴びせられ収監された末に死亡した出来事を踏まえて歌われている。

実際の人種差別に対する抗議活動の盛り上がりと呼応するように、ヒップホップシーンでも抗議のメッセージを歌う楽曲やデモの様子を映したMVが次々と発表されるここ最近。ありとあらゆる人々にとって無関係ではない今回の問題について、ラッパーたちの楽曲やMVをきっかけにコミットしてゆく動きがさらに広がれば何よりだ。

related

YBN Cordaeが人種差別への抗議運動の最中に逮捕される

警察による黒人に対する暴力への抗議活動が世界的な規模に発展し、現在に至るまで各所でデモなどの運動が行われている昨今。そんな中、アフリカ系アメリカ人の女性Breonna Taylorさんが自宅で就寝中に警察によって射殺された事件への抗議デモに参加していたYBN Cordaeが、警察により逮捕される事態が起こった。

【コラム】Black Lives Matterが映し出すもの - NonameとJ. Coleについて -

日本でも各地でデモが開催されるなど、世界中で盛り上がりを見せているBlack Lives Matterの抗議運動。そんな中J. Coleがリリースした楽曲"Snow on Tha Bluff”のリリックが、抗議運動の急先鋒に立って動いていたNonameを揶揄していると話題になり、対するNonameも即座にJ. Coleへのリアクションも含んだ"Song 33"をリリースし、J. Coleの姿勢を糾した。

オプラ・ウィンフリーが司会を務めた特別番組『緊急討論 人種差別社会の行方』が日本でも無料配信

ジョージ・フロイドさんの悲惨な殺害に端を発するBlack Lives Matterの盛り上がりを受け、米国ディスカバリーチャンネルのグループブランドであるOWNことOprah Winfrey Networkが特別番組『緊急討論 人種差別社会の行方』を制作し、 米国時間6/9と6/10の2夜にわたり、 OWNを含め米国内の合計19のディスカバリーネットワークで同時放送された。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。