Lil Pumpの大学「Pump University」の第2回目の授業

先日、自身の名を冠した大学“Pump University”をYouTubeの自身のチャンネルにて開校したLil Pumpが、2つ目の授業『Pump University - Episode 2』を公開した。Episode 1では、持ち前のPump節全開で“健康”について授業を行ったPumpだが、今回のEpisode 2では“成功”についての授業を行っている。

白衣に身を包み、Pump教授として授業を行った前回とは打って変わって、今回彼は派手なスーツを着用。“最も成功を収めたビジネスマンLil Pump”として登場した。Episode 2は1よりも短く2分にも満たない動画だが、この中でビジネスマンPumpは3つの授業を行っている。もちろんただのLessonではなく“Lil Lesson”だ。

Lil Lesson 1は“get clout(名声や権力、影響力を手に入れろ)”だ。彼は「本当の成功っていうのは、どれだけ名声や権力、影響力を手に入れてきたか」だと語っている。それこそ、今では自身の代表曲となった“Gucci Gang”をきっかけに名声を手に入れたPumpだからこそ言えることだとは思うが、当たり前のことではある。
「もし名声を得ることが出来れば、欲しいものはなんでも手に入るぜ!!!」と述べたPumpはその後、Episode 1で連呼していたチキンウイングを咥えながら『メリーさんの羊』を歌うという訳の分からない行動をしている。有名になれば、こういうことも出来るということを表現したのだろうか。

続いて授業はLil Lesson 2へ。テーマは“worship pump(Pumpを崇拝せよ)”だ。なんともストレートなテーマだが、動画ではPumpのもとに木星の宇宙人から電話がかかってくる。その用件というのが、「私があなた(Pump)に電話したのは、自分の種族が絶えてしまったせいで、宇宙に居場所が無い。でも家が欲しいんだ。」というもの。これに対し、ビジネスマンPumpは「君にぴったりの場所があるよ!Pump Universityにおいで! 我々は君の望みを全て叶えられるよ!」とPump Universityへの入学を勧めている。その結果、宇宙人は「ありがとう!Lil Pump!」と興奮して感謝を示した。我々からすれば、謎のやりとりを見せられているだけだが、宇宙人でさえもPumpを崇拝しているということなのだろう。

そして、授業は最後のLil Lesson 3に移る。テーマは“brag about how great you are(自分自身がどれだけ素晴らしい人間なのか自慢しろ)”。この授業で、ビジネスマンPumpはこのように述べている。「Pump Universityは100%の成功がある。我々には通貨があり、ナスダックがあり、ビジネスの機会があるんだ!!そして、我々には頭脳があり、論理があり、素晴らしさも兼ね備えているんだ!!」と自身の大学のことを全面的にアピールしている。だが、紙幣をばらまきながら我々にはナスダックがあると言われても、正直意味が分からない。さらに、先日、「最も無知でリッチなラッパー」を目指していると語っていたPumpが、論理があるというのは全く説得力がない。しかし、授業のテーマはいわゆるセルフボーストの話なので、ラッパーとしては正しいことを言っているのかもしれない。

最後に「Pump Universityは成功を保証するよ」といってEpisode 2は終了するわけだが、今回もチープな演出は相変わらず、Pumpらしさが前面に出ており非常に楽しめるないようになっているのは間違いない。

今後もしビジネスで成功したいと思っている人は、ビジネスマンPumpの授業を参考にしてみてはいかがだろうか。

RELATED

Lil Pumpが「ウィードを吸うのをやめた」と宣言

アルバム『Harvard Dropout』も好調なLil Pump。最近はPump Universityでの講義も続けるなど精力的に活動する彼が、なんとマリファナをやめたことを宣言した。

Lil Pumpがインタビューで「Bruno MarsやLady Gagaと曲を作りたい」と語る

Adam 22による人気Podcast番組「No Jumper」から、Lil Pumpのインタビューが公開された。Lil Pumpの家を訪ね様々な質問を行なっていくなかで、彼が今後コラボレーションしたいと考えているアーティストが明らかになった。

Lil Pumpが「最も無知でリッチなラッパー」を目標にしている事を明かす

先週、ハーバード大学の卒業式でのスピーチに意欲を示していたLil Pump。今年スピーチをする夢は叶わなかったが、Vultureにて次の野望を語っている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。