Lil Babyが「ラッパーはやったことがないドラッグや犯罪について歌うべきではない」と発言

過激な曲を作るラッパーの中には、リリックで歌われている通りの犯罪行為やドラッグにまみれた私生活を送っている者も多い。リアルであることが重視されがちなヒップホップという音楽だが、Lil Babyはそこに対して独自の考え方を持っているようだ。

フランスのメディアOklmの動画インタビュー企画に登場したLil Babyは、「あなたはSoundCloudなどで活動するインターネットのラッパーと対極にある気がします。彼らについてどう思いますか?」という質問に対し、「金を稼ぐために何でもやっていいとは思わないんだ。嘘をついて何かを売ることは、どちらかといえば俳優になるようなものだろ。ラップをするのは職業で、ビジネスだ。でも、やったことがない間違ったことを世に広めるのは賛成できない。暴力や、そもそもやったことがないことや、聞いたこともないドラッグ。これを広めるのがインターネットラッパーで、俺は賛成できないよ」と語った。SoundCloudラッパーたちの中にはインターネット上の自身のキャラクターを過激に演出するために暴力的なトピックやドラッグをテーマにした楽曲を作る者も多いが、Lil Babyは「実際に経験がないことを曲にする」という行為を問題視していることが分かる。

以前YBN NahmirがSoundCloudラッパーを「ジャンキーの奇人」と批判していたが、Lil Babyも彼と同じくキャラクター作りのために暴力を推進することに否定的だ。SoundCloudラッパーたちのアンダーグラウンドな雰囲気をクールだとする見方もあるが、作品が世にネガティブな効果をもたらす可能性も考える必要がありそうだ。

ラッパーとしてのキャラクターを形成する要素として、音楽性やラップのスタイルだけでなく実生活や育った環境なども重視されることが多い。それぞれのスタイルを模索する上で、身の丈にあったキャラクターを考えた方が良いのかもしれない。

RELATED

Lil Babyがキャリアの初期にYoung Thugから大きなサポートを受けていたことを明かす

今やフィーチャリングで見ない日はないほどの人気ラッパーとなったLil Baby。先日には、彼がラッパーとしてのキャリアを始めた頃にGunnaからサポートを受けていたことを明かしていたが、同郷アトランタの先輩Young Thugからも支援を受けていたと語った。

Lil Babyが「歯の治療をしたからもうタバコは吸わない」と禁煙を宣言

喫煙の習慣がある方は、禁煙を決意した経験が一度はあるのではないだろうか?タバコはやめようと思っても中々やめられないものだが、今回Lil Babyが禁煙に挑戦しようとしているようだ。

2 Chainzが自身のハードドライブを取り返してくれたLil Babyに感謝

2 Chainzが自身のInstagramでLil Babyに感謝を述べ、話題になっている。なぜ彼がLil Babyに感謝しているのかというと、彼のハードドライブをLil Babyが取り戻してくれたからだという。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。