Lil Babyが故ジョージ・フロイドさんの娘の誕生日パーティを手伝う

今年の5月、ミネアポリスで警察による不当な取り調べを受けたことで命を落とした故ジョージ・フロイドさん。事件はその後Black Lives Matter運動が再燃し、世界規模の動きに発展するきっかけとなったが、彼が遺した娘のGiannaちゃんが今週水曜日に7歳の誕生日を迎えた。父親を亡くすという悲劇を経た彼女のために、Lil Babyが立ち上がったことが報じられている。

Complexによると、Lil BabyはGiannaちゃんの誕生日パーティを企画したアトランタのレストランオーナーEricka PlattさんとWilliam Plattさん、そしてNBAプレイヤーのStephen Jacksonにパーティのための資金を出資していたという。

Platt夫妻は7月にGiannaちゃんが自身の経営するレストランを訪れたことをきっかけにパーティの企画を始めたそう。また二人は以前よりFloyd家との親交も持っており、JacksonがBLMデモの中心的な立場を担ったことから三人の交流が始まったのだという。

パーティはアトランタのPink Hotelで開催され、Lil BabyやStephen Jackson、Futureらが出席したほか、6月に警察によって射殺されたRayshard Brooksさんも出席した。

Giannaちゃんの母であるRoxie Washingtonは「私の娘にとって、今はとても辛い時期です。だから、私たちの家族が、父親のいない初めての誕生日を迎えたGiannaのために、このような特別な体験を作ってくれたことにとても感謝しています」とメッセージを送っている。

“The Bigger Picture”で人種差別に抗議するメッセージを打ち出しBlack Lives Matterにも積極的にコミットしていたLil Baby。Giannaちゃんや故ジョージ・フロイドさんの遺族だけでなく、多くの人が彼の行動に勇気づけられたことだろう。

related

YGやLil BabyらがBLMデモの模様を取り入れたミュージックビデオを発表

先日、ミネアポリスでアフリカ系アメリカ人男性ジョージ・フロイドさんが警察によって不当な取り調べを受けた末に窒息死させられた事件を契機に全世界で大きな盛り上がりを見せている「Black Lives Matter」デモ。ヒップホップシーンにとって避けては通れない問題である人種差別に対する抗議運動には多くのラッパーも参加、もしくはサポートを表明していたが、抗議の意思やここ最近のデモの様子を楽曲やMVに盛り込むラッパーも徐々に現れてきているようだ。

Lil Babyがキャリアの初期にYoung Thugから大きなサポートを受けていたことを明かす

今やフィーチャリングで見ない日はないほどの人気ラッパーとなったLil Baby。先日には、彼がラッパーとしてのキャリアを始めた頃にGunnaからサポートを受けていたことを明かしていたが、同郷アトランタの先輩Young Thugからも支援を受けていたと語った。

Lil Babyが「歯の治療をしたからもうタバコは吸わない」と禁煙を宣言

喫煙の習慣がある方は、禁煙を決意した経験が一度はあるのではないだろうか?タバコはやめようと思っても中々やめられないものだが、今回Lil Babyが禁煙に挑戦しようとしているようだ。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。