イギリスのDJスクールの授業が盛り上がりすぎてレイブ状態に。250人が教室でフリークアウト

先週イギリスでAirbnbで借りた部屋でDJパーティーを行った結果200人が集まり、ヒートアップしすぎて警察に通報された事件をお伝えした。同じイギリスはノッティンガムシャーのDJスクールの授業が盛り上がりすぎた結果、レイブ状態になるというダンスミュージック大国らしい事件が起こった

3/11にノッティンガムシャーのラッシュクリフにあるDJスクールでビギナークラスのレッスンが午後7時から午後10時まで行われる予定だった。しかし授業終了時刻がすぎても、DJプレイが続けられ、参加者たちも徐々にテンションが上がっていった結果、授業はサイリウムとビールを片手にしたレイブ状態になってしまったと地元紙が伝えている。最終的に警察が出動してレイブ授業が解散となったのは、翌3/12の午前3時半だったという。

DJスクールの校長は「職員がそのパーティーにはいなかった」と語り「パーティーには250人が参加しており、火災報知機が停止していたため、消防隊も呼ばれた」とパーティー当日の状態を振り返った。さらに校長は「この1件は我々にとって屈辱的なことだ。この1件は我々がしたかったこととは一切関係がない。私たちはコミュニティーの一員であり、コミュニティーをサポートし、いいコミュニティーのメンバーでありたいと考えてきた」といき過ぎた行為について謝罪した。

TwitterではアンダーグラウンドレイブクルーTekontaのメンバーが、もともとレイブをやるための建前として、DJスクールを開講したのだという意見もあり、計画的なものだった可能性もある。

幸いなことに教室に少し傷がついただけで、警察に対して攻撃的な態度をとる者はいなかったという。

 

 

 

related

警察が通報から20時間もかけて違法レイヴを取り締まる

イベントを開催するヴェニューが減少したことによって、近年イギリスで増加傾向にあるという違法レイヴ。今回また新たに違法なパーティが取り締まられたが、その際の警察の対応が話題となっている。 mixmagが報じるところによると、イングランド北東の都市ノーフォークの警察は先週土曜日の午後7時30分ごろ...

スーパーマーケットにDJコントローラーを持ち込みパーティをしたYouTuberが有罪判決を受ける

法律では禁止されていながらも、音楽を愛してやまない人々が違法にレイヴを開催することがある。それらの違法レイヴは独特なカルチャーを形成してきたが、中には人々や音楽へのリスペクトが欠けた迷惑な事例もあるようだ。

イギリスで違法レイヴが増加傾向 | 音楽イベントの開催場所の減少が原因か

アートやファッションなど様々な分野に影響を与えてきたレイヴカルチャー。 特にUKレイヴは長い歴史を持っているが、それが近頃問題になっているようだ。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。