SnapchatのBob Marleyフィルタが人種差別的として炎上

4月20日の「マリファナ・デー」に合わせてSnapchatが導入したBob Marleyフィルターが、レイシスト的な「ブラックフェイス」であるとして猛烈な批判にさらされている。

 

写真や動画を投稿できるSNSのSnapchatの写真にフィルター適用すると、顔と認識された被写体にドレッドヘアやニット帽が追加され、被写体の目が大きくなり、鼻が高くなるといったBob Marleyに似た顔つきになり、肌のトーンが暗くなる。

多くのSnapchatユーザーがこのフィルターを用いて「Bob Marleyになりきった顔」を投稿して成功したように見られたが、それ以上にSnapchatには「レイシスト」という批判を集まっているようだ。

Snapchat社はこのフィルターを、大麻文化や麻文化を祝福する4月20日に合わせて提供した。しかしながら、このフィルターは「デジタルブラックフェイス(黒塗り)」と多くの人に判断され、猛批判を受けている。黒塗りとは、19世紀から20世紀のアメリカで、白人が顔を黒く塗り黒人に扮して、黒人をステレオタイプ的に嘲笑する寸劇「ミンストレル・ショー」が広く行われいた。この歴史的背景から黒塗りという行為は、人種差別的であるとして認識されている。

Snapchatが批判を受けるのは、デジタル・ブラックフェイスの機能提供したという理由だけではない。それは「マリファナ・デー」のタイミングでこのフィルターをローンチするということは、Bob Marleyの音楽的、そして政治的功績を「大麻」という彼の一面に限定してしかねないからだ。楽しんだ人も、批判する人も含めて、Bob Marleyが大麻を喫煙し、礼賛していたことを否定する人はいないだろう。しかし、4月20日にレイシストと言われても仕方のないような黒塗りのフィルター機能を提供をすることで、Bob Marleyのイメージをを大麻と結びつけたということに対して、黒人だけでなく、様々な人が怒りの声を上げている。

Snapchatは批判を受けてメディアに対して以下の様な声明をメールで表明した。

私達が今日公開したレンズ(フィルタ)はBob Marley Estateの協力のもとで作成され、Bob Marleyと彼の音楽への感謝と尊敬を共有するための新たな方法を提供した。彼の音楽を愛するSnapchatユーザーは非常に多く、私達も彼の人生と功績をリスペクトしている

related

【コラム】 Asian Hate Crimeを知る | アメリカで何が起きているか?

東アジア系と思しき老人が歩いていたら、フードを被った男性が後ろから近づいてきて、いきなり殴り倒した。1月、カリフォルニア州サンフランシスコとオークランドの路上で別々に起きた、よく似た事件を捉えた防犯カメラの映像が、SNSを席巻した、これを見て、体内の血が冷えるような思いをしてから2カ月。ジョージア州でアジア系が経営するマッサージ店など3店舗を立て続けに狙った乱射事件がおき、アジア系の女性6人と白人の男女一人ずつ、8人の死者が出る惨事となった。

Will.i.amが飛行機の客室乗務員から人種差別を受けたと語る

言わずと知れたBlack Eyed PeasのリーダーであるWill.i.am。そんな彼が、飛行機でとある客室乗務員から受けた対応について語り議論を呼んでいる。

Jay-Zがアリゾナ州フェニックスで警察から銃で脅迫を受けた家族のために弁護士を雇う

アメリカでは、警察による有色人種への差別や不当な取り調べが長らく問題視され続けている。先月、アリゾナ州フェニックスである家族が警察によって理不尽な取り調べを受けた上に銃で脅迫された事件が発生し、その解決のためにJay-Zが動いているようだ。

most popular

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。