Jay-Zがアリゾナ州フェニックスで警察から銃で脅迫を受けた家族のために弁護士を雇う

アメリカでは、警察による有色人種への差別や不当な取り調べが長らく問題視され続けている。先月、アリゾナ州フェニックスである家族が警察によって理不尽な取り調べを受けた上に銃で脅迫された事件が発生し、その解決のためにJay-Zが動いているようだ。

被害にあったのはフェニックス在住の男性Dravon Amesと彼の婚約者Lesha Harper、そして彼らの4歳の娘の三人。家族でスーパーマーケットに出かけ買い物をしていたところ、両親の知らぬ間に娘が店の商品のオモチャを持ち出してしまい、そのまま帰ろうとしたところ警察によって追跡され、自宅の前で銃を持った警察官に脅迫を受けた。Lesha Harperは娘を抱きかかえている上に妊娠していたが、それにも関わらず警察は彼女に手を上げるよう怒号を浴びせている。

XXLによると、家族は警察に対し1000万ドル(約10億円)の裁判を起こし、問題の警察官による児童虐待を追求する姿勢を見せているという。そのニュースを受けて、Jay-Zが彼ら家族をサポートするために弁護士を雇うことを発表している。

Jay-Zが家族のために雇った弁護士はAlex Spiroで、過去には21 Savageが移民税関局によって不当な拘留を受けた際に同じくJay-ZとRoc Nationによって派遣されたことでも知られている。21 Savageの一件においては見事彼の釈放を勝ち取っており、実力は本物であると思われる。

フェニックス市の市長は今回の事件について「他の皆様と同じく、私も動画で見たフェニックス警察の家族に対する接し方にうんざりしています。あれは完全に不適切かつ職業倫理に反するものです」という声明を発表している。

レーベルとの契約問題を抱えていたLil Uzi Vertのためにもいち早く動くなど若手アーティストに積極的なサポートを行うJay-Zだが、音楽業界だけでなく人種を理由とする不当な扱いを受けた人々のためにも行動を起こす辺りに、彼がシーンのトップに居続けられる理由があるのだろう。

related

RihannaとJay-Zが新型コロナウイルス被害の救援のため200万ドルを寄付

世界的に猛威を振るい、各国でロックダウンが行われるなど深刻な被害を出している新型コロナウイルス。経済的な意味でも打撃を与えている中、Jay-ZとRihannaが救援のために寄付を申し出たことが話題を呼んでいる。

Jay-ZとBeyonceがスーパーボウルの国歌斉唱にて起立しなかったことが物議を醸す|コリン・キャパニック選手は批判の投稿をリポスト

昨日開催されたアメリカのエンターテイメント最大の祭典であるNFLスーパーボウル。以前よりNFLによる人種差別とハーフタイムショーの出演アーティストが議論を呼び続けてきたが、そんな中、昨日のスーパーボウルに出席していたJay-ZとBeyonceの夫妻がとった行動が物議を醸している。

The Neptunesが再始動しLil Nas X、Jay-Z、Lil Uzi Vertらと共に制作をしていることが判明

2000年代のヒップホップシーンにおいて多大な人気を誇り、今なお大きな影響を与え続けるプロデューサーデュオThe Neptunes。そんな彼らが今回待望の再始動を果たし、制作を行っていることが明らかになった。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。