レーベルとの契約問題を抱えていたLil Uzi VertがRoc Nationとマネージメント契約を結んだことが明らかに

所属レーベルGeneration Nowとの契約問題を抱え新作『Eternal Atake』がリリース出来ず、引退宣言を行っていたLil Uzi Vert。そんな彼が、新たにJay-ZのレーベルRoc Nationとのマネージメント契約を行なったことが明らかになった。

Lil Uzi Vertは先週末、Instagramのストーリーにてスタジオに入っている動画を公開。そこには「スタジオに戻った。ありがとうRoc Nation。Free Uzi」との文章が綴られており、さらにRoc Nation側も彼の投稿をリポストしていた。

Uzi tags roc nation and says free Uzi. Should he be let out of his record deal so he can be free???

DJ Akademiksさん(@akadmiks)がシェアした投稿 -

さらに、現在Roc Nationのアーティスト一覧にはLil Uzi Vertの項目が追加されているため、彼が公式に同レーベルとの契約を行なったことが分かる。

Hiphopnmoreによると、Roc Nationとの契約は数週間前に結ばれたという。

先日はNavのアルバム『Bad Habits』に彼の参加曲が収録されなかった問題を受けて、Generation NowのトップであるDJ Dramaが「彼はいつでも新作をリリースできる」とレーベル側に非があることを否定していた。しかしLil Uzi Vert本人はその後DJ Dramaの発言について「彼らはいつも同じ手で騙そうとする」とコメントしており、両者の関係がかなり悪化していることが窺える。

Roc Nationのサポートによって再びレコーディングを再開することが出来たようだが、果たして『Eternal Atake』は無事にリリースされるのだろうか?とにかく、Lil Uzi Vertの抱える問題が解決に一歩近づいたことは間違いないだろう。

RELATED

Lil Uzi VertのインタビューがGQで公開|「音楽は家族を喜ばせるためにやってる」「普通になりたい」と語る

昨年よりアルバム『Eternal Atake』をアナウンスしつつも一時は引退を宣言するなど、今年はトラブルが続くこととなったLil Uzi Vert。そんな彼の貴重なインタビューがGQから公開されている。

Lil Uzi Vertが自身のライヴ中にファンを掴んだセキュリティをなだめる

ラッパーのライヴにおいて、セキュリティは熱狂的なファンを制御するのに必要不可欠な存在だ。しかし、そのバランスというのは難しいものなのか、Lil Uzi Vertのライヴにて、彼がセキュリティをなだめるという出来事があった。

Lil Uzi Vertがとある大学生に学費90000ドル分を支払うことを約束

海外のアーティストはしばしば、自らの莫大な資産を公共の利益に役立てようとチャリティー活動に励むことがある。MVでフロリダの住民にお金を配る場面を撮影したDrakeや大学生のための奨学金を立ち上げたRihannaなどが有名だが、今回はLil Uzi Vertがたった一人の大学生を金銭面でサポートしたようだ。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。