Lil Uzi Vertが自身の引退騒動について「ケリをつける」と発言

先月、突如引退を宣言し、レーベルとの契約問題を抱えている事をほのめかしたLil Uzi Vertが、度々発売が延期されている新作『Eternal Atake』のリリースについて発言した。

自身のInstagramストーリーに投稿された動画内で、Uziは数人のファンを前にして「ケリをつけないとな」と、問題を抱えているレーベルについて話し始めた。

#liluzivert speaks

DJ Akademiksさん(@akadmiks)がシェアした投稿 -

「俺はただ敬意を示して欲しいだけだよ。俺が彼らに対して敬意を示した様にね。」とUziがレーベルから真っ当な対応をされていない事を説明した。また、「よくあるクソな厄介事だよ。みんなも経験する様な、レベルの低い問題。」とレーベルとの問題に関して、うんざりしている事も示した。

そして、新作『Eternal Atake』の発売やこれからの音楽活動について尋ねられたUziは「俺が音楽を辞めたくないって思ってるのか?愛される事もなく、契約した事で人生を握られる苦しみを理解できるか?本当にクソなものに契約しちまった。引退する以外に逃れる方法なんてないよ。」と自身がレーベルと契約した事に対して強く後悔している事を話した。

引退を宣言した後も「スタジオに行きたい」と発言し、音楽に対する情熱を捨てきれていない様子も見せており、新作のリリースや彼の復帰を多くのファンが期待しているだろう。

RELATED

Lil Uzi VertがNardwuarのインタビューからまたしても逃走

昨日のRolling Loudでまさに本領発揮とも言うべきライブを披露したLil Uzi Vert。そんな彼に、カナダの名物インタビュアーであるNardwuarが昨年以来一年ぶりとなるインタビューを行なった。

Lil Uzi Vertの新曲“That’s A Rack”のミュージックビデオが公開

今月半ばにリリースされたLil Uzi Vertの新曲の一つである“That’s A Rack”のMVが公開された。

Lil Uzi Vertの新曲を手がけたプロデューサーが「『Eternal Atake』には11の別バージョンがある」と明かす

レーベルGeneration Nowとの契約問題によって楽曲をリリース出来ない状況に陥りながらも、Jay-ZのレーベルRoc Nationとのマネージメント契約を結び待望の新曲“Sanguine Paradise”と“That’s a Rack”をリリースしたLil Uzi Vert。そんな彼のリリースが待たれる新作『Eternal Atake』について、新曲のビートを手がけたプロデューサーが驚くべきことを語っている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。